福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

患者様の声

カテゴリー:生理不順

18年来の生理痛

……Aさん(30代)の声……

 

初潮の時から、生理のときは子宮が締めつけられるような激痛と腰痛があり、

薬で抑えていました。

中学の時は吐いてしまうこともたびたび…。

30歳前に婦人科を受診し、子宮には異常がありませんでしたが、

脳からのホルモンが少ないと言われました。

長い間のこの状況をなんとかしなきゃ、と思っていたけれど、

深刻には考えていませんでした。

 

でも、30歳になって、もう体のことをなんとかしなくっちゃって。

根本的なところを治して、生理痛を気にしないようになりたい。

将来結婚をして、子どもを産みたい。今の仕事も続けたい。

そう思うようになりました。

 

こちらに通い始めて最初の生理の時から、

生理1日目の子宮を締めつける痛みはありませんでした。

最初、腰痛はあり、生理中も自分でお灸をしていました。

仕事がハードなときでも、生理が悪化することもありません。

鍼灸を始めて1番の変化は、生理が順調にあるということ。

生理痛も随分落ち着いて、薬を飲むことも減りました。

以前は生理中でなくても仕事柄、腰痛がありましたが、今はありません。

鍼灸を受けると、身体の調子がどうだか自分でもわかるようになり、

体のことを気にかけるようになりました。

 

私の場合、冷えが一番、生理不順や生理痛をひどくする要因だと

気づいたので、冷えに対しては気をつけています。

お酒は好きだけれど、飲んだ後は温かいものを食べたり飲んだり…。

あと、適度な運動。

マラソンで有酸素運動をしたり、

身体が硬いなぁーと感じたらストレッチをしたり、気づいたら体をもみもみ。

それから、基礎体温をつけるようになったら、

高温期と低温期のめりはりがあって、きちんと生理がくるのがわかり、

安心感も得られます。

 

生理痛がひどくなりそうなときは、自分でお灸をして対処もしています。

親がお灸をしているのを見たことがあるので、

自分でお灸をすることに対して抵抗はなかったですね。

興味があったので…。

仕事の時は必要以上の力を抜いて、

遊ぶ時はおもいっきりリフレッシュしています。

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!