福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

炎天下と長歩きと踵部痛

2010年7月26日

P1010356

昨年の炎天下、ちょっと近くのスーパーまで買い物のつもりが、
その先の文房具店へ…と、つい長歩きへと発展。
気づけば夕日がジリジリ照り返す中、1時間半かけて自宅へ。
と、突然、先は尖っていないが太い釘を踏んだような激痛が踵に!

どうも足の裏の筋肉が過度に疲労したようです。
カチカチになった足の裏やふくらはぎなどの筋肉に鍼をし、筋肉が緩んだら、
痛みがなくなりました。

つい先日、久しぶりにヒールの高い靴で歩き回り、同じような症状になりかけ、
また鍼をして治しました。

これはただの筋肉疲労か!老化による筋力低下か!
後者だとは思いたくない!!
どちらにしてもこの暑さでは体力の消耗が早く、こまめな水分摂取と休憩をとり、
無理をしない!ということですよね。

気をつけよう!室内の熱中症

2010年7月20日

P1010333

ひどい梅雨が明けたら、思い切り真夏!

エアコンの苦手な私は、仕事以外の時間、ポタポタ汗があごから落ちるまでは扇風機だけ。昨年の夏、床から立ち上がる度に一瞬立ちくらみを起こし、貧血?食生活が悪い?となんとなく思っていました。「いやっ!まてよ!」とお茶を入れたカップをテーブルに常時置き、汗がダラダラ出なくてもまめに飲むようにしたら、ボーッとした感じや立ちくらみがなくなりました。あぁ、軽い熱中症でした。

大量に汗が出ると塩分も失われます。この時水だけを飲むと血液の塩分濃度が薄まり、それ以上水が欲しくなくなります。また塩分濃度が薄まらないよう、水分は尿として排泄します。結果として体内に必要な水分量を取り込むことができません。

1時間以上の運動や、暑い環境下での長時間の作業時には、スポーツ飲料や、1ℓの水にテイースプーン半分の食塩(2g)と角砂糖(1~数個)を溶かしたものを補給しましょう!
私はこの時期、塩飴を常備しています。

博多祇園山笠の飾り山巡りとシェイプ・アップ

2010年7月09日

P1010293

7月1日から博多の山笠が始まり、福岡市内14ヶ所に飾り山が展示されています。

今年はすべての飾り山を見て回りました。午前11時半に福岡ドーム内の飾り山を見て、それから地下鉄とバスを利用し、『地下鉄千代県庁口駅→地下鉄呉服町駅→川端商店街周辺→櫛田神社→キャナルシテイ→博多駅→ホテルニューオータニ博多→天神』と巡り、最後の飾り山を見終わったのは16時半!途中、昼食で休憩はしたものの、蒸し暑さでぐったり…。
翌日、翌々日に筋肉痛になるかと思いきや、なんともない。靴底のクッション性の高い靴を履き、通気性のいい麻のシャツを着、日傘をさし、まめに塩入の紅茶で水分補給をし、帰宅後は全身のストレッチと下肢のマッサージをし、ぐっすり眠ったのがよかったのか。その日の疲れはその日のうちに…ですね。

それにしても、あんなに汗をかきかき歩き続けたのに体重もなんともないとは、どういうこと~?!
山笠が始まり蝉が鳴き始めると、福岡の夏も本番ですね。

ご予約・お問い合わせはコチラ!