福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

乗り物酔いに効くツボ「内関」

2010年5月13日

P1010145

 

青空に新緑がくっきりと映えるこの季節は、

阿蘇にでもドライブに行きたくなります。
山は好きですが、自分で運転しない限りはヘロヘロに酔います。
中国留学中、安徽省(あんきしょう)にある黄山(こうざん)へ行きました。
鍼灸の先生から、「内関(ないかん)」と「神けつ(しんけつ)」に貼りなさい、と

漢方薬入りの冷湿布を頂き、

おかげでバスに酔わずに登山を楽しむことができました。

 

「内関」の「内」は内臓の意味、「関」は出入りの要所という意味で、

内臓機能と深く関係するツボです。

場所は手首のしわ(手のひら側)の中央から指幅3本上で、

親指側の腱と隣の腱との間にあります。写真の赤丸のところです。
「神けつ」はおへその中央にあります。

今でも酔い始めた時に、

「内関」を親指の腹の先で5秒ぐらい深く押しては

緩めるのを繰り返していると、嘔気が楽になります。

 

夏みかんと???

2010年5月08日

P1010112

明日は母の日ですね。
母の好きな犬の写真付きのカードを送りました。

私は電話より手紙や葉書のほうが好きです。
母は携帯電話を持っていないのでメールという手段はありません。
青空の下、旬の木々や花々が生き生きとしている姿をカメラでパチリ!
小さなトピックス、例えば13年間使っていた洗濯機がとうとう動かなくなり購入した洗濯機をパチリ!
それらの写真を、余った年賀状の裏一面に印刷し、表にちょこちょこっとコメントを書いて母に送っています。
葉書を心待ちにしているようで、少しは親孝行になっているでしょうか。

ところで、夏みかんの隣の果物はザボン?晩白柚(ばんぺいゆ)?
実家からのお土産!と頂きました。
その方のお父様は、苗木だけでなく、食べた果物の種を庭に埋めて育てているらしい…。
なんて素敵な趣味!
育てているお父様自身もこの果物の名前がわからないそうです。

6月20日は父の日ですね。
父に出した手紙は数えられるくらい少ない…。
今年の父の日には何かを!何かを!何かを!う~ん、う~ん、う~ん…。

さくらんぼ、みーっけ!

2010年4月30日

P1010091

関東に住んでいる時は見かけませんでしたが、福岡ではこの季節になると街中でさくらんぼのなった木をたまに見かけます。

山形産ほど大きくありませんが、おいしそうっ!
大人なのでぐっと我慢します。

なぜさくらんぼができる桜とできない桜があるのでしょうか…。
インターネットで調べたところ、桜とさくらんぼは同じ仲間になるそうですが、さくらんぼは桜の木になるのではなくて、さくらんぼの木になるそうです。

さくらんぼは桜桃(おうとう)とも呼ばれ、一般に食べられる甘果桜桃と、ワインなどの原料になるすっぱい桜桃があり、桜の木はすっぱい桜桃の仲間だそうです。

ありゃりゃ~私は大きな勘違いをしていたわけで、恥ずかしい…。
来年はこのさくらんぼの花が咲いて、さくらんぼになるまで、観察しよっと!

ご予約・お問い合わせはコチラ!