福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

特集~生理と妊娠の話②~生理とホルモンの関係

2015年1月30日

特集ブログ、『生理と妊娠の話』第2弾!

いきなり問題です。

『生理のサイクル』をつくる司令塔は、誰でしょう?

1.子宮 2.卵巣 3.脳 4.ホルモン

直感でお答えください!

チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ。

答えは、4番のホルモンです。

今日は、ホルモンに注目しながら、

『生理のしくみ』をご紹介します。

 

 

 

menses_001

 

脳の下垂体(かすいたい)から、

卵胞(らんほう)刺激ホルモンが分泌。

このホルモンは、血液とともに血管を流れ、

卵巣にたどりつくと指令を発信。

卵巣の中の卵胞が成熟していく。

 

 

 

menses_002

 

成熟した卵胞から卵胞ホルモンが分泌。

このホルモンも血管を流れ、

子宮内膜にたどりつくと指令を発信。

子宮内膜は受精卵のためのベットを作り始める。

 

 

 

menses_003

 

子宮内膜が厚くなると、

脳の下垂体から黄体(おうたい)形成ホルモンが分泌。

このホルモンが卵巣にたどりつくと指令を発信。

成熟した卵胞から卵子がポンッ!と飛び出す(=排卵)。

飛び出した卵子は卵管に入り、そこで待機。

 

 

 

menses_004

 

卵子が飛び出した後、卵胞は黄色に変色し、『黄体』と改名。

黄体は黄体ホルモンを分泌。

このホルモンが子宮内膜にたどりつくと指令を発信。

子宮内膜はベットの上にフカフカの敷布団を作り始める。

しっかり敷布団もできると、受精卵の着床準備OK。

 

 

 

menses_005

 

卵管にいる卵子が精子に出会わないと、

子宮内膜に作ったベットも敷布団も必要なく、はがれ落ちる。

血液とともに排出(=生理)。

 

 

 

もし…、

子宮から上がってきた精子が、卵管までたどりつくと、

 

menses_006

 

精子と卵子が結合(=受精)。

受精した卵子は受精卵となり、

子宮内膜の敷布団の上に受精卵がのる(=着床)。

黄体は、『妊娠黄体』に改名し、

黄体ホルモンを分泌し続け、

すくすく受精卵が育っていく(=妊娠)。

 

 

いかがですか。

司令塔のホルモンって、すごいヤツだと思いませんか。

ここで、男性の皆さんに質問です。

今日ご紹介したホルモンは、皆さんの体の中にもあると思いますか?

チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ。

答えは…、ありまーす!

脳の下垂体から分泌される『卵胞刺激ホルモン』は、

精巣に働きかけ、精子の形成が促されます。

同じく脳の下垂体から分泌される『黄体形成ホルモン』は、

精巣に働きかけ、

男性ホルモン(テストステロン)の生成と分泌が促されます。

ホルモンの名前が女性っぽいですが、

男性にとっても大事なホルモンです。

 

 

さて、ラスト問題です。

血管は全身をめぐっていますね。

血液とともに血管の中を流れるホルモンが、

特定の臓器に的確な指令を発信できるのはなぜでしょうか?

答えが難しくて、選択問題にもできません!

えーい、もう答えます!

指令を受けて行動する臓器には、

あるホルモンに対して特異的に反応する受容器をもつ、

『標的細胞』という細胞があるからです。

血液中に分泌されたホルモンが微量であっても、

受容体は見逃しません。

すっすごいヤツですね。

 

 

おー、今日もブログが長くなってしまった…。

コンパクトにできないなぁ~。

毎度毎度、おつきあいいただき、ありがとうございます。

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!