福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:東洋医学入門

「ツボ」の名前の由来

2010年4月25日

P1010064

「ツボ」の名前にはすべて理由があります。
古代の解剖・天文・地理の知識や、動物・植物・古代建築物の名前,そして東洋医学の理論,臨床治療経験などから名付けられています。

上の写真に載っているツボを例にご紹介しますと、

下関(げかん)」  「関」は関節の関と同じで、軸を中心に動く意味です。あごの関節の近くにあり、下あごの関節の障害に効くので名付けられました。

天窓(てんそう)」  首にあり、「天」は頭を指し、「窓」は頭部にある眼,鼻,耳,口の7つの穴(あな)のことを指し、この7つの窓の病気を治すので名付けられました。

聴宮(ちょうきゅう)」  耳の前にあり、「宮」は重要な場所の意味で、聴力を回復するので名付けられました。

写真には載っていませんが
魚際(ぎょさい)」  手の親指の付け根にあり、その形が魚の腹に似ていることから名付けられました。

経絡の上にあるツボだけでも360穴あまり。
ツボの名前の由来を知るだけでも、東洋医学は奥が深い!と思います。

ご予約・お問い合わせはコチラ!