福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:テクテク散歩

2019芸術の秋!テクテク鑑賞!

2019年10月17日

やってきたよー!

目の前にあるのは…、

えっ?!

福岡市博物館!?!

えーっとぉー、

私が見たい展覧会の会場はー、会場はー、

福岡市美術館……。

あーっ、また間違えた!!!!!

何で、バスに乗るときに気づかないのかなぁ~。

うーっ!うーっ!

せっかく来たから、福岡市博物館に入ろう。

 

 

 

 

『侍~もののふの美の系譜』開催中。

11世紀から17世紀まで戦場で使われた刀剣と甲冑(かっちゅう)が約150点!

古代でも『流行』があり、

刀も鎧(よろい)も兜(かぶと)も時代とともに様変わりしてる。

敵の刀から身を守りつつ、立ち回りやすいように

進化していったとはいえ、鎧も兜も重かったろうなぁ…。

 

 

鍼灸医学書が中国から日本に伝わったのが562年。

平安時代に鍼灸治療を受けられたのは、

都でも限られた上層階級の人たちだけ。

武士はどうだったのかなぁ~。

 

 

さぁ、

日を改めて、やってきたよー!

福岡市美術館!

 

 

 

 

小腹が空いたので、

近くの大濠公園で、まずは腹ごしらえ。

この画像は2011年に撮ったもの。

今日はカメラを忘れたんだなぁ。

ここにたたずむと、2006年にフラッシュバックする。

 

 

 

 

 

中国の小さな診療所で鍼灸を修業しながら、

留学生対象の専門学校で中国語を勉強していた。

街中に鏡湖という大きな湖があった。

 

 

 

 

寮から鏡湖公園をぬけて、診療所まで歩いて通った。

片道30分くらいかな…。

真夏は日傘をさしても日焼けをし、

 

 

 

 

真冬はあまりの寒さに現地でダウンのロングコートを購入。

鍼灸室の暖房は20㎝四角の電熱器だけ。

このコートの下にホッカイロを貼っても

寒くておなかが痛くなってたなぁ…。

ハロゲンヒーターや電気敷き毛布を持参する患者さんもいた。

 

 

現地で購入した服を着ると、

やたらと道を尋ねられた。

たどたどしい中国語で説明し、

目で「私は中国人じゃないんだよー、聞かないでぇー」と

訴えても、ばしばし聞かれた。

 

 

などと、回想してると、

1羽のカラスがベンチの左端に降り立った。

間もなく、右端にも別のカラスが降り立ち、

カーカーカーカー2羽で会話をしてる。

なんか嫌な予感。

早々と食べ終えて美術館へ行こう…と思った瞬間、

左端のカラスがバタバタバタと勢いよく飛び立った。

気づけば、私が左手に持っていたはずのパンが

カラスの口ばしに。

コロッケぱぁ~~~~ん……。

あー、美術館に行こう。

 

 

 

 

福岡市美術館で開催してるのは、

『ギュースターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち』。

モロー氏(1826-1898)は神話や聖書の登場人物を描き続けた

フランスの画家。

大きな額縁の中の油彩画や水彩画に、

A4サイズの紙に書かれた石墨で描かれた素描など、

計100点!

 

 

モデルを使った素描は、

左脚を少し前に出した立位や、

左脚を少し横に開いた立位など、

いろいろなポーズで描いてる。

神話や聖書の登場人物の、『そのときの感情』が伝わる姿や

目線などを模索して、出来上がった絵画なんだなぁ。

 

 

コトーも人物画を描くときは、姿見の前でポーズをとり、

それを見ながら下描きをする。

何度描き直しても、うまく描けないことはわかってるので、

左右の脚の長さや太さが違っても、

「まっ、こんなもんか」と、本描きにしちゃう。

心のどこかで、完璧な絵は描きたくない…と思ってる気もする。

あまのじゃく?!?

 

 

久しぶりに近くの山にも登った。

行ったことのないコースを登ってみた。

ほどなく、谷になった山道になった。

たくさんの折れた大ぶりの枝が山道に覆いかぶさり、

歩きにくく、道がわかりずらい。

しばらく登っても状況は変わらず、

迷子になりそうだから引き返した。

別のルートも同じだった。

台風15号と19号の爪痕がここにもあった。

皆さんの住む街はいかがですか。

大丈夫でしたか。

日中と朝晩の気温差が激しくなってきました。

体調を崩さぬよう、気をつけてください。

 

福岡市南区にある、女性鍼灸師による女性専門鍼灸院

≪レディース鍼灸ことう≫の鍼灸師コトーでした。

またね…。

 

2019初夏!~無計画のわくわくホリデー!~後編

2019年7月19日

2連休の初日。

水族館『マリンワールド』へ行ってきた。

まず、イルカとアシカのショーを見て、

次は『おやすみペンギン』というショーへ。

 

 

 

 

同じ種類のペンギンでも、白黒の毛並がびみょーに違う。

 

 

 

 

おっ?!

カメラ目線?

 

 

 

 

ペンギンって人間を警戒しないのかな。

手が届くほどの近くを歩いてる。

 

 

 

 

飼育員が寝床のドアを開ける準備をすると、

次々とペンギンが集まる。

 

 

 

 

目の前のペンギンは寝床よりも観客が気になるみたい。

ドアが開いても、寝床へ行く気配がまったくしない。

 

 

 

 

とうとう飼育員に抱きかかえられ、

寝床へ連れて行かれた。

おっ!

次は『音と光のイワシショー』。

 

 

 

 

大きな水槽の中にたくさんの種類の魚。

光りを目がけてイワシの大群がうねる。

 

 

 

 

うねる!!!!!

 

 

 

 

いつの間にか、日が沈みかけてる。

 

 

 

 

(ピンボケですみません…。)

夜のイルカショーは昼間のショーとは内容が違うんだな。

調教師の手と足に、口元を軽く触れながらイルカが泳ぐ。

イルカに押されて調教師はゆっくりと回転してる。

調教師の手足に触れ続けるって難しいよね。

離れかけては触れて、離れかけては触れて…。

 

 

 

 

お見事!

イルカはボールにタッチできたよ!

 

 

 

 

お見事!

どうしたら、同じタイミングでジャンプできるんだろう。

調教師が笛を吹くのかな…。

 

 

ショーばかり見ていたら、あっという間に帰る時間。

次の日は面白い映画が見たい!と思い、

 

 

 

 

『トイ・ストーリー4』を見たよ。

幼少の頃、『寝静まった夜中におもちゃは動き出す』と信じてた。

自分の布団のまわりに、すべてのおもちゃを並べ、

「あたしが寝たら、みんな遊んでね」と声を掛けたなぁ…。

 

2019初夏!~無計画のわくわくホリデー!~前編

2019年7月18日

たいてい、休日は用事が立て込み、

それらをこなして1日が終わる。

しかーし、この連休は用事が1つもなーい。

やったぁー!!!

遊ぶぞーっ!!!

どこ、行くぅ???

あっ、そうだ!!!

先日、開催場所を間違えて行けなかった、『長靴下のピッピ展』に行こう。

ネットで調べて……。

『福岡市博物館』で開催中。

よしっ!

行くぞーっ!!!

それにしても、

何で福岡アジア美術館で開催してるって思い込んだのかなぁ…。

場所が全く違うー、うー、うー。

まっ、いいか。

 

 

最寄りの駅に着くと、ちょうど電車が行ったばかり。

 

 

 

 

切符売り場に置かれた情報誌をホームでパラパラ…。

車内でパラパラ…。

あっ!

これも開催が始まったんだ。

まだ学校は夏休みに入っていないから、すいてるかもしれない。

行き先変更!!!

 

 

下車して、インフォメーション・センターへ。

「バスで行きたいんですが、次は何時出発か分かりますか?」

ーーー「たった今、都市高速経由のバスが出発しました。」

ーーー「その次は都市高速経由ではありませんが、8分後に出発します。」

ーーー「その後は1時間後になりますね」

「ありがとうございます!」

 

 

バス停までダッシュ、ダーッシュ!

おーっ、3分前。

この方面へのバスには乗ったことがない。

乗り間違えないよう、チェック、チェーック!

おっ、バスが来た。

 

 

中はガラガラ………。

…………………………。

…………………………。

それにしても、1時間は長いなぁ…。

福岡の端っこに行くからなぁ…。

 

 

 

 

やっと着いたーーー!!!

水族館『マリンワールド』。

初めて来たよ~ん。

 

 

 

 

夜の水族館。

夏の間、21時30分まで開館してる。

おっ、今日のショーのスケジュールだって。

もうすぐ、イルカとアシカのショーが始まる。

 

 

 

 

ショー・プールの向こうは海なんだ。

調教師が笛を吹くと、アシカは手を叩くのかな。

 

 

おーっ、上手!

 

 

 

 

待機中のイルカはずーっと担当調教師の方を向いて立ち泳ぎをしてる。

かしこいなぁ…。

 

 

 

ベテラン調教師が機敏に腕を振り上げて合図すると、

「待ってましたー!」って、

ビューッとプール中央に泳いで行くイルカ。

長い年月をかけて、イルカとの絆が作られるんだろうなぁ。

 

 

ショーの終わり。

あれっ、1頭だけプールの向こう側にいる。

こちらに来るタイミングをはずしたかな?

 

 

 

 

イルカの尾びれで水しぶき!

子どもたちはおおはしゃぎ!!

 

 

 

 

ショーを終え、リラックスタイムのイルカ。

お疲れさま…。

おっ、もうすぐ『おやすみペンギン』というショーが始まる。

話を続けたいところだが、もうこんなに書いちゃった!

この続きは、次回のブログにするよ~ん!

お楽しみに~~~!!!

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!