福岡市南区にある女性鍼灸師・理学療法士による女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング「レディース鍼灸ことう+」主に婦人科、首こり、肩こり、腰痛、膝関節症などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:中年おしゃれ室

中年コトーのおしゃれ研究室③~2017極暑を支えたユニホーム!

2017年9月08日

今年の猛暑はひどかった。

 

 

その①

朝日が入る施術室と待合室は、窓に日よけをしても、

朝8時には室温33℃、湿度70%!

顎からポタポタ汗が落ち、

床を拭きながら掃除機をかけた。

 

 

その②

鍼灸治療中はエアコンをかけるが、患者さんは薄着なので、

設定温度は高めにしている。

 

 

その③

治療の合間には窓を全開して空気の入れ替えをするが、

ガッ!と室温と湿度が上がり、ドッ!と汗が噴き出る。

 

 

その④

夜になっても温度と湿度が下がらず、エアコンはフル活動!

 

 

いかに、ちょっとでも快適に過ごせるか考えた。

 

 

 

 

じゃかじゃん!

普通のTシャツじゃない?って思うよねぇ~。

画像じゃ伝わらないなぁ~。

よしっ! イラストを描こう!

 

 

 

伸縮性のジャージ素材のTシャツは動きやすく、着心地抜群!

しかし、通気性にはすぐれていないから、真夏は暑い!

薄手だと風通しはいいが、淡い色は下着が透けて見えちゃう。

 

 

このTシャツの前身頃は薄手の木綿。

ジャージ素材よりも涼しい!

下着が透けて見えないよう、更に薄い木綿を重ねている。

2重だけど通気性がいいのは、このデザイン。

すそが広がり、Aラインになっている。

AラインのTシャツってお尻まですっぽり隠れるぐらい

丈が長いものが多いが、

これは一般のTシャツよりも丈が短め。

だから、すそがパーカパーカして風通しがいい。

 

 

そではジャージ素材の綿。

腕を大きく動かしても服のひっつれ感はない。

織り糸が極細で、しっかり織られているから、

サラサラして、ザブザブ洗濯してもよれない。

そで丈も短めだから通気性がいい。

もう2ヶ所、こだわりがある。

 

 

 

 

じゃかじゃん!

あれっ? やはり画像じゃ伝わらないなぁ~。

イラストを描こう!

 

 

後ろ見頃は、そでと同じ素材の綿ジャージ。

背中を丸めたときに服のひっつれ感がない。

肩の部分だけ、前身頃と同じ木綿を使っている。

なぜか分かるかなぁ~???

Tシャツって何度も着ているうちに、えりの部分が伸びてくる。

このTシャツのえりの部分は木綿だから、伸びないんだよーん。

 

 

こんなTシャツ、ありそうでなかなかない…。

そこで自分で作ってみた!

と言いたいところだが、アイデアだけ出して作ってもらった。

「えーっ、仕事のユニホームをオーダーメイドォ?

もったいなーい。

外着(=おしゃれ着)にしないのぉ?」

患者さんに言われる。

 

 

コトーは定休日の火曜日と祝日以外はユニホームを着る。

火曜日は月1回当鍼灸院でお灸教室があり、

公共施設などでもお灸講座の講師として出向くこともあり、

そのときもユニホームを着る。

ときには1~2ヶ月ずーっとユニホーム着用!

1年をみるとユニホームが大半を占め、外着はほんのちょっと。

そうなると外着というかおしゃれ着よりも

ユニホームを充実させたいんだなぁ~。

日々着ている服こそ、着心地がよくお気に入りのものがいい。

 

 

夏のユニホームはこのTシャツとバルーンパンツ。

バルーンパンツは麻素材で通気性がいい。

小さい頃、大工の仕事と作業着に憧れていたので、

このスタイルは、ちょー気に入っている!

 

 

 

 

うっひっひっ!

 

中年コトーのおしゃれ研究室②~着心地を妥協しない

2017年4月29日

若い頃は、ぴっちりスーツやヒールの高い窮屈なサンダルに

自分を合わせられた。

中年になった今、ファッション選びの条件はやたらと多い。

きつすぎない!

大きすぎない!

動きやすい!

重くない!

肌触りがいい!

顔映りがいい!

自分らしい!

ファッションを自分に合わせたい!

 

 

 

細身のぴったり袖(そで)にダブダブ身幅のパーカー(イラスト左)。

ワン・サイズ小さいパーカーは、

ぴったり身幅に窮屈な袖(イラスト右)。

あなたならどちらを選ぶ?

コトーは左側のぴったり袖にダブダブ身幅のパーカーを選んだ。

合わなければ買わなきゃいいじゃない。

そう言われそうだけど…。

なかなかない、シャレたデザイン!

深みのある色!

しっかりとした素材と縫製!

惚れてしまった…。

 

 

しかし、大きすぎるパーカーの上にコートは羽織りにくい。

生地が厚い上に、フードが大きいせいか、ずっしり重い。

ついつい着るのを見送る日がある。

そこで、リフォーム屋へ相談に行った。

「身幅を両脇から縫い直して狭くすればいいよ」

「フードの裏布を薄い別布にしたら、さらに軽くなるよ」

うっひょ~、そんな手があったんだ!

 

 

 

 

 

パーカーを手に生地屋へ行った。

フードの裏にする生地は、

濃いピンク地にオレンジ色のひまわりの柄にした。

発色のいい木綿。

そしてリフォーム屋へゴーッ!

 

 

 

 

 

 

 

フードの裏布が変わっただけで、スポーティーなイメージのパーカーが、

ちょいかわいいパーカーに変わった。

もちろん身幅はぴったりになり、フードも軽くなった。

 

 

 

 

 

以前、同じリフォーム屋で、パーカーを立ち襟のジャケットに変えてもらった。

残ったフードは、自分で帽子にした。

服の一部を変えるだけで、

着心地だけでなく、服自体の雰囲気も変わる。

『服のリフォーム』って面白い!

 

 

今日からゴールデンウィークがスタート。

当鍼灸院は、今日4月29日(土)から5月5日(金)までお休みとなります。

ゴールデンウィークあけは、5月6日(土)からです。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

休みの人も、仕事の人も、素敵なゴールデンウィークになりますように…。

 

中年コトーのおしゃれ研究室①~今の自分に似合う服

2017年3月12日

 

地曳いく子氏著『服を買うなら、捨てなさい』。

同世代のスタイリストさんが書いたファッション指南書。

納得する内容ばかりで、強固な断捨離決行!

 

 

いつも扉を開けたままのクローゼット。

そのシーズンに着る服をかけている。

この冬によく来た服と、まったく着ない服。

目に入るのに着ないってことは、サヨナラしてもいい服なんだろうなぁ…。

問題は押し入れにある服。

 

 

 

 

 

 

5年ほど前に購入したウールのカーディガン。

Aラインのデザインが気に入っている。

からし色も大好き!

でも着るのは年に0~1回。

最近、真冬にどこへ行っても部屋の中は温かい。

厚手のセーターやカーディガンは着なくなった。

姿見の前で羽織ってみる。

なーんか、さえない。

ずーっと気に入っても、もう似合わない服があるんだな…。

これが現実。

キミともサヨナラしよう。

キミと一緒にいるときはウッキッキー、ご機嫌な気分になれた。

ありがとう…。

 

 

 

 

 

 

数年前に購入したダウン・コート。

総柄好きのコトーは一目ぼれ!

 

 

 

 

それも大好きな和柄。

あまりの派手さに、「中に何を着る?」

しばし躊躇した。

でもでも、

総柄のダウン・コートなんて、もうお目にかかれないかもしれない!

意気込んでゲットしたはいいが、

やはり派手すぎて着られない。

しかーし、眠らせるのはもったいない!

この真冬は、出かける度にこのダウンを羽織った。

お尻まですっぽり隠れて温かい!

会う人に「似合うわね」ってよく言われる。

うれしいけれど、こっぱずかしくて、

「実は掛布団で作ってもらったんです」と、

話をはぐらかしちゃう…。

 

 

服には、自分に似合う『寿命』ってあるのかもしてない。

そうだとしてら、手持ちの『今とびきりに合う服』だけをバンバン着たほうがいい。

若い時は同じ服ばかり着るのをためらっていたが、

そんな必要はないんだなぁ…。

 

 

『今の自分に似合う』手持ちの服が絞られると、

『今の自分なりのスタイル』が見えてきた。

そして、それらの服に似合うバックや靴も絞られてきた。

 

 

断捨離は服にとどまらず、バックや靴、本棚、

押し入れに眠っている小物、台所用品………と、

拡がっている。

昔の生活スタイル、今の生活スタイル、

これから先の先の生活スタイルも見えてきた。

本当に必要なものって、そんなにないんだなぁ…。

 

 

1つ困ったことがある。

断捨離中に使っていた紙バサミと万能バサミが見当たらない。

もしかして、もしかして、

燃えないゴミ袋とともにポイしちゃった!?

あーーーっ!!!

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!