福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:中年おしゃれ室

中年コトーのおしゃれ研究室⑥~リフォームの神髄!なんちゃって…

2019年11月11日

 

孔雀のデザインに一目ぼれしたシャツ。

買いたいけれど、袖なしのシャツって着ないなぁ…。

あっ! そうだ!

自分で袖を付ければいいんだ。

 

 

安易に思いついたが、

このシャツに合う、袖の型紙なんて作れるわけない!!!

とりあえず、手持ちの洋裁本に載っていた半袖の型紙で、

袖の試作を作り、縫い付けてみたら…。

 

 

 

ありゃりゃ、蝶の羽のようになっちゃった。

 

 

 

こんなふうな袖にするにはどう修正したらいいんだろう…。

テキトーに型紙を作り直し、仮布で試作を作り、シャツに縫い付ける。

あー!あー!あー!

なんじゃ、こりゃあ…。

何回、型紙を作り直しただろうか…。

 

 

 

 

素人コトーが作る、精一杯の『袖』。

 

 

 

 

このシャツの袖は、リフォーム屋に頼むことにした。

あなたなら、何色の袖を付ける?

格子に使ってる、『オフホワイト』や『ピンク』が無難だけど、

生地屋には見当たらなかった。

昔の日本の玩具がちりばめられてる。

その中で使われてる『水色』や『薄紫』の生地をシャツに当てると、

デザインがぼやける。

コトーが選んだのは…。

 

 

 

 

えんじ色。

デザインの中では使われていない色だけど、

デザインが引き締まる気がして選んだ。

どう?

さすがプロがリフォームすると、

もともと袖付きのシャツみたい…。

 

 

 

こーんな、可愛いえり付きのシャツは、

袖なしでも着そうな気がして買っちゃった。

しかし、数回、着ただけ。

最近、思いついた。

七分袖を付けてみたら、どうだろう。

あなたなら、どんなデザインの袖を付ける?

どんな素材と色の生地を使う?

このシャツは白と紺の2着。

同色の刺繍をほどこした木綿の生地が合いそうだなぁ。

最終的に、コトーが選んだ生地は…。

 

 

 

 

ひまわりがびっしり描かれた綿ジャージ。

この生地を使って、白シャツに袖を付けてもらった。

 

 

 

 

リフォーム屋さん! すごーい!

袖を付けても、まーったく違和感がない!

袖と同じ布でえりの縁をかがってもらった。

それもアクセントになり、いい感じ!

紺シャツには、色違いのひまわりの生地を使った。

 

 

 

 

じゃじゃーん!

白シャツとは、まったく印象が違う!

面白いなぁ~~~~!

さあ、ラスト問題!

 

 

 

 

このオーバーオール。

どの部分をリフォームしたか、わかるかな?

 

 

 

 

横はこんな感じ。

なぜ、リフォームに出したか…。

着てみると、このオーバーオールのウエストは、

コトーのウエストよりもだいぶ下。

そのため、胴長になっちゃうんだなぁ~。

若者ならそれでいいけど、中年コトーは落ち着かない。

あっ! そうだ!

あそこに布を足したら、オーバーオールのウエストが

今よりも上になる。

あなたなら、どの部分に布を足す?

コトーが思いついたのは…。

 

 

 

 

赤いテープで囲んだ部分。

後ろ見頃の両端を足してもらった。

元のオーバーオールには、ドット・ボタンが下の2個しかなかった。

 

 

オーバーオールは市販のものだから、

同じ生地は手に入らないなぁ…と思っていたら、

リフォーム屋さんがオーバーオールのすそを見て言った。

「随分すそが長いから、すそをちょっと切って、その生地を使いましょうか」

おーっ! そーいう手があったのか。

 

 

 

 

一番上のドット・ボタンだけ違うでしょ?

胴長でないオーバーオールの出来上がり!

 

 

いろいろと洋服をいじくり、

メーカーさんにはすまないなぁ…と思いつつ、

ご機嫌な洋服になったよ~ん。

リフォーム屋さん、ありがとーっ!

 

 

福岡市南区にある女性鍼灸師による女性専門鍼灸院

≪レディース鍼灸ことう≫の、

本業は鍼灸師のコトーでした。

またね。

 

中年コトーのおしゃれ研究室⑤~ハッピーカラーに包まれよう!

2018年12月16日

 

街はクリスマス一色。

(写真は8年前のもの)

 

 

 

 

今まで出会ったクリスマス・ツリーの中で、一番のお気に入り。

微妙に傾いてる。

真夜中、体を左右に揺すりながらビルの中を徘徊してそう…。

 

 

 

 

夜のライティングは、冷えきった体がほわっと温まる。

 

 

 

 

ちょっぴり光っているのも素敵!

 

 

20代、30代は光り物が苦手だった。

指輪にしてもピアスにしても、いぶし銀のように

光っていないシルバーやゴールドを身につけていた。

しかーし、中年になった今は違う。

 

 

 

 

色によっては光っていないと老けて、

というよりもやつれて見えちゃう。

茶色だった靴ひももゴールドに変えた。

 

 

 

 

パラシュート用の生地で作られたバッグ。

頑丈な上に、雨をはじいてくれる。

手でも持てるし、リュックにもなる。

控えめなゴールドはどんな色合いの服にも

合うんだなぁ…。

 

 

 

 

20代、30代は、赤系の眼鏡フレームがお気に入りだった。

今は黒に近い青。

眼鏡屋さんで赤いフレームの眼鏡を掛けると、

明るい色なのに顔がさえない。

 

 

 

 

赤系統の服や口紅も買うが、青みがかった色を選ぶ。

自分の今の血色や雰囲気にマッチするんだろうなぁ…。

 

 

先日、機織りの作品展へ出かけた。

30代のとき機織り教室に通っていたが、

2年に1回、作品展を開催する。

2年ぶりに先生や仲間に出会った。

「一瞬、誰だか分からなかった。」

「あかぬけたねぇ~。」

「都会の人みたい。」

口々に言われた。

赤抜けた?

垢抜けた?

う~ん、そんなにださかったの? 私…。

 

中年コトーのおしゃれ研究室④~自分らしさを表現する道は険しい?!?

2018年4月26日

洋服、靴、バック、眼鏡など身につける物や髪型は、

今の自分を表現するアイテムだと思う。

 

 

 

 

当鍼灸院のユニホーム。

シャツのすそに、別布でスカートを自分でつけた。

8年ぐらい着ている。

気に入っていたのに、最近なーんかしっくりこない。

いつの間にか中年になり、容姿が変化しているから????

う~~~ん…。

 

 

ぴったりフィットするが、布地が柔らかく、

窮屈感がないTシャツを見つけた。

ただ、えりぐりがやたらと深い。

 

 

このTシャツをリフォームするとしたら、

どうやってえりぐりの深さを解消する?

どうする?

 

 

 

一般的には、両そでを一旦取り外し、左右の肩先を縫い、

両そでを取り付ける。

でも、この方法でリフォームすると、そでぐりも(緑)狭くなり、

脇の下が窮屈になる…。

 

 

リフォーム屋さんは上図のように、斜めに縫い込んで、

えりぐりを狭くした。

でも、えりぐりはまだ深い。

う~んう~ん、どうする?

 

 

コトーは別布をえりぐりに縫い付け、えりぐりを狭くしてみた。

赤ちゃんの前掛けみたいに見えるかな…。

試着してみたら、それなりにしっくりくる。

 

 

もう1つ気になっていたのは、丈がやたらと長いこと。

リフォーム屋さんにすそをカットしてもらい、

せっかくだから、えりぐりに付けた布を使って縁取りもしてもらった。

そのほうが、見た目が引き締まるかなぁ~と思って。

 

 

 

仕上がったTシャツを試着したら、

おなかとお尻にすそがくいこんじゃう!

細身Tシャツだから、自分の腰の周径よりも、

すその周径のほうが短いんだなあ…。

どうする?

 

 

 

すその両脇に切り込みを入れて、解消する?

リフォーム屋さんに電話した。

「この子(生地)は伸縮性に富んでいるから、

生地を引っ張りながら縁取りをしたら大丈夫!」

はぁー!

そんな手があるのかぁ~~~。

 

 

 

イメージとしては、こんな感じかな。

実物がこれ。

 

 

 

 

えりぐりは自作。

すそはリフォーム屋さん作。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えりぐりとすそに縫い付ける布地を変えるだけで、

Tシャツのイメージもがらりと変わる。

おもしろいっ!

そんなこんなで新ユニホーム、完成!

洋裁と無縁の方にはさっぱりわからない内容だったかも…。

興味があることはついつい熱く語っちゃうんだなぁ。

 

 

 

 

小さい頃、左官屋や大工の仕事と作業着に憧れていたせいか、

こんな恰好がやたらと落ち着く。

鍼やお灸よりも、大工道具の入った木箱を肩に担いだ方が

様になる?

自分でもそう思う…。

ぶはっはっはっはー!

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!