福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:愛着品陳列棚

中年コトーのおしゃれ研究室⑤~ハッピーカラーに包まれよう!

2018年12月16日

 

街はクリスマス一色。

(写真は8年前のもの)

 

 

 

 

今まで出会ったクリスマス・ツリーの中で、一番のお気に入り。

微妙に傾いてる。

真夜中、体を左右に揺すりながらビルの中を徘徊してそう…。

 

 

 

 

夜のライティングは、冷えきった体がほわっと温まる。

 

 

 

 

ちょっぴり光っているのも素敵!

 

 

20代、30代は光り物が苦手だった。

指輪にしてもピアスにしても、いぶし銀のように

光っていないシルバーやゴールドを身につけていた。

しかーし、中年になった今は違う。

 

 

 

 

色によっては光っていないと老けて、

というよりもやつれて見えちゃう。

茶色だった靴ひももゴールドに変えた。

 

 

 

 

パラシュート用の生地で作られたバッグ。

頑丈な上に、雨をはじいてくれる。

手でも持てるし、リュックにもなる。

控えめなゴールドはどんな色合いの服にも

合うんだなぁ…。

 

 

 

 

20代、30代は、赤系の眼鏡フレームがお気に入りだった。

今は黒に近い青。

眼鏡屋さんで赤いフレームの眼鏡を掛けると、

明るい色なのに顔がさえない。

 

 

 

 

赤系統の服や口紅も買うが、青みがかった色を選ぶ。

自分の今の血色や雰囲気にマッチするんだろうなぁ…。

 

 

先日、機織りの作品展へ出かけた。

30代のとき機織り教室に通っていたが、

2年に1回、作品展を開催する。

2年ぶりに先生や仲間に出会った。

「一瞬、誰だか分からなかった。」

「あかぬけたねぇ~。」

「都会の人みたい。」

口々に言われた。

赤抜けた?

垢抜けた?

う~ん、そんなにださかったの? 私…。

 

履き心地と機能が肝心!その②~こだわりの愛着品⑤

2018年5月13日

 

 

中国最古の医学書『皇帝内経 こうていだいけい』。

紀元前4-5世紀頃から100年頃までにまとめられた。

多くの医学者が治療経験に基づき、書いた本。

中国の気候風土や社会環境の違いにより、

発生しやすい病気は各地で異なり、

治療方法も地域によって異なった。

そんな記述がある。

 

 

東方の海岸地方では、オデキができやすく、

へん石と呼ばれるメスで切開する治療が発達した。

西方の砂漠地帯では、内臓の病気になりやすく、

薬物を煎じた液(漢方薬)が発達した。

北方の高原地帯では、冷えからくる内臓の病気が生じやすく、

灸による温熱療法が発達した。

南方ではけいれんを伴う痛みやしびれが生じやすく、

鍼治療が発達した。

中央では、手足が萎えて冷え、頭がのぼせる病気や、

慢性の悪寒発熱病が多く、

整体療法や按摩療法が発達した。

 

 

コトーが鍼灸の修行で中国に留学中のこと。

テレビの天気予報を見ていたら、北はダウンジャケットのマーク。

南は半袖Tシャツのマークだった。

本土が広い中国ならではの、医学の発展の仕方だと思う。

 

 

そんな中医学が日本に伝わったのは、562年。

中国の僧侶が仏典ともに医学書を携えてやってきた。

そして、江戸時代(1603年~1868年)に入ると、

お灸は伝統医療として、広く庶民に浸透した。

お灸をしている姿が、浮世絵の題材にもなっている!

日本の鍼灸の歴史も長い!!!

 

 

その江戸時代の末期、1865年創業の履物店に行ってきた。

ずーーーーーーーっと欲しかった物をゲットしたよー!!!

 

 

 

 

下駄。

下駄の台はいくつも種類があり、

ビギナー・コトーは黒塗りのスタンダード・タイプを選んだ。

雨をはじいてくれる!

たくさんある鼻緒の中から、1セット選び抜くのも時間がかかった。

その場で鼻緒を下駄の台に取り付けてくれる。

外を試し履き…。

慣れてないから、脚がカックンカックン…。

 

 

靴って履き続けると、自分の足に馴染んで履きやすくなるが、

それは形が崩れるってことで、靴底のゴムの減り方も偏る。

下駄は右と左と決めずに、左右を履き変えれば、

鼻緒の型崩れはしにくい。

下駄の脚は均等に削れる。

 

 

底の鼻緒の留め部が擦れるくらい脚が削れたら、

新しい台に鼻緒を付け替え、

使い切った台はお風呂の焚き木として使われていた。

全てを使い尽くす…。

先代の日本人の知恵なんだなぁ…。

 

 

最近購入したお気に入りの靴。

1時間も履いていると、右足が痛くなっちゃう。

靴屋に行った。

「土踏まずがありませんねぇ。

この靴の特徴として、

中敷きの土踏まずの部分の盛り上がりが強く、

それに足が対応しきれないようですね。

痛いからといって、靴ひもを緩めてしまうと、

靴の中で足が動き、痛みを助長しかねません。」

 

 

土踏まずは、指を曲げる筋肉でできている。

ということは、足指の筋肉が衰えているってことー!?!?!?

思い当たる節はある。

 

 

 

 

2017年10月06日のブログ、

『履き心地と機能が肝心!こだわりの愛着品④』で紹介した草履。

室内用として愛用。

冬は指先が寒いから、スリッパ・タイプのサンダルを履いていた。

草履や下駄は足指を使わないと脱げちゃうから、

履いて歩くだけで、足指の筋肉トレーニングになる。

冬の間、草履を履かなかっただけで、退化しちゃったのぉ~~!

情けない…。

ということで、室内の草履復活!

着物を着るわけではないが、

コトーの普段着に下駄は合いそうなので、

外では下駄を履いて、さっそうと足指を使うぞぉー!!!

 

コトー・ブログのイラスト傑作集!

2018年3月27日

2010年3月22日からブログがスタート!

 

 

 

2010年5月13日のブログ『乗り物酔いに効くツボ・内関(ないかん)』

イラスト初登場!

スキャンする機器がなかったのかなぁ…。

イラストの原紙を写真に撮ってる。

 

 

 

 

手元に原紙として残ってるツボ・イラストは、32枚。

 

 

2012年2月28日のブログ『ツボ・パワー!迎香(げいこう)』

鼻水や鼻づまりなど鼻のトラブルに働きかけるツボを紹介!

 

 

 

2106年3月7日のブログ『花粉症の鍼灸治療とセルフ・ケア』

花粉症対策のツボ押しを紹介!

顔がシェイプアップされた!

 

 

 

2018年3月19日のブログ『首こり・肩こり・背中こり・腕こりをほぐす鍼&お灸~その②』

首こり・肩こりに働きかけるツボを紹介!

コトーの弱点は同じ絵が描けないこと。

ビミョーに顔が変わる。

 

 

 

 

 

だから、経絡をまとったツボモデル子ちゃんは姉妹となった。

 

 

 

 

 

なかなか知られていない、ツボモデル・ブラザース。

2012年4月に当鍼灸院でのお灸教室がスタート!

お灸教室ページのブログに、ときどき登場してる。

なんで、このブログにツボモデル子ちゃんを採用しなかったのか…。

う~~~ん、忘れちゃった…。

 

 

 

2013年3月6日のブログ『コトーの鍼灸スタイル~バランスを考える…』

人物を描くって難しい。

一番苦労した1枚。

椅子に座ってバランスをとってる、ツボモデル子ちゃんのつもり…。

 

 

 

 

一番描きまくったのは、筋肉。

手元にある原紙は35枚。

スキャンして、ブログにアップした後、原紙を紛失したものもある。

全部で何枚描いたかなぁ…。

 

 

 

2013年4月3日のブログ『目の疲れに鍼とお灸はいかが?その1』

あまりにもリアルな眼球の筋肉…。

 

 

2013年6月1日のブログ『聞く、にまつわる取りとめのない話』

臓器も骨もずいぶん描いたなぁ…。

これ(耳)なんか、細かすぎて、

「いつになったら描き終わるんだろう…」

そんなことを思ってた。

 

 

 

 

2015年4月3日のブログ『心のゆとり、ありますか?』

メロディーまじりの文章を書くときがあり、

音符も描いて表現してみた。

 

 

 

 

 

2017年7月10日のブログ、

『特集~五臓六腑の力を鍼灸治療に活かす③』

皆さんへの手紙も描いた。

これが2通目。

1通目は、2015年3月14日のブログ『これもクセかな…。』にあるよん!

それでは、コトーの一番お気に入りのイラストを見ていただこう!

 

 

 

 

2012年3月26日のブログ『寄り道、道草…』

突然、クッピーラムネがむしょーに食べたくなったが、

見つけられなかった。

 

 

 

 

2012年4月13日のブログ、

『コトーの鍼灸スタイル~小さな小さな喜びをみつけよう!』

後日、偶然見つけ、食べることができた!

本物とは似ても似つかないイラスト。

下手の中にある味わい深さ!

へっ?って言われても、

これを超えるイラストはまだ描けない…。

 

 

たまには、こんなブログもいいよねぇ?

2015年6月15日には、

『ブログ写真傑作集』も企画した。

時間がある方は、そちらもどうぞぉ~~~!

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!