福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:骨格

再特集~手の腱鞘炎の鍼灸治療とセルフケア①~手の構造

2019年4月23日

透視能力を使って手を見ると、こうなってる。

親指を構成する骨は、基節骨(きせつこつ)と末節骨(まっせつこつ)で、

その2つの間に関節が1つある。

他の4本は基節骨と中節骨(ちゅうせつこつ)と末節骨で、

その3つの間に関節が2つある。

 

 

親指は他の4本より骨が1つ少ないんだよ。

知ってた?

自分の手のひらを見てみよう!

指の横ジワが関節の部分。

親指は他の指よりも横ジワが少ないでしょ?

コトーは解剖学を学ぶまで気づかなかった…。

 

 

手のひらには細長い中手骨(ちゅうしゅこつ)が5本あり、

その根元には小さな骨が8個あり、

総称して手根骨(しゅこんこつ)という。

 

腕の骨は、橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)の2本。

その2本と手根骨とで、手首の関節をつくってる。

上図の水色の斜め線の部分だよ~ん。

 

いきなり問題!

握りこぶしができる関節はどこかな?

指の根元の骨『基節骨』と、手のひらの骨『中手骨』の間の関節が、

握りこぶしになる関節だよ~ん。

上図のピンク色の斜め線の部分だよ~ん。

 

ちなみに、親指の腱鞘炎を起こしやすい部位は、

CM関節(上図の緑色の斜め線)。

手のひらの、『中手骨』と『手根骨』の間の関節。

この関節は指を曲げても握りこぶしのように盛り上がることもなく、

手のひらの皮膚を見てもシワがあるわけでもなく、

地味な存在だけど、親指の動きにはかかせない関節なんだなぁ~。

 

 

透視能力を軽く使って手を見るとこんな感じ。

手のひらと指の根元には筋肉(赤の部分)がびっちりだが、

指の先についているのは腱(肌色)と、

それを包む腱鞘(けんしょう)(緑色)。

どうなってるかというと…、

 

 

 

『深指屈筋 しんしくっきん』は指を曲げる筋肉。

尺骨という腕の骨の肘下部分から、指の先端にある末節骨についてる。

手首の少し前から筋肉は腱になり、指の骨につく。

ふくらはぎの筋肉は、足首の少し上からアキレス腱になり踵の骨につく。

それと一緒。

指を動かす筋肉が肘から始まってるって、意外でしょ?

筋肉を実感してみよう!

 

 

 

 

 

指先で左肘の内側に軽く触れて、

左指の曲げ伸ばしを繰り返してみよう!

左指を曲げたときに、右指で触れている部分が盛り上がるでしょ?

それが指を曲げる筋肉なんだなぁ…。

 

 

 

ほとんどの筋肉の端っこは腱になり、骨につく。

腱は腱鞘というサヤに包まれ、保護されてる。

筋肉が働くと、筋肉は縮まり、腱は伸ばされ、

腱鞘の中を移動する。

指を酷使して腱が膨隆したり、腱鞘が厚くなると、

腱が動くたびに腱鞘と摩擦を起こし、腱鞘炎になっちゃうんだなぁ…。

腱鞘は指だけでなく手首にもあり、手首の腱鞘炎もある。

 

 

現代はスマホ、タブレット、パソコン操作で

手を酷使してる人が増えてる気がする。

手にトラブルが生じても安静にできないので、なかなか治りにくい。

コトーはひしひし危機感を感じ、再度このテーマで特集を組むことにした。

女性鍼灸師による女性専門鍼灸院≪レディース鍼灸ことう≫では、

5月14日(火)と19日(日)に、

『手の腱鞘炎の痛みをやわらげる、お灸&ストレッチ&サポーターの選び方!』

という講座を設けた。

気になる方はぜひ参加してほしい!

 

 

次回の特集ブログでは『手の機能』を取り上げるよ~ん。

お楽しみに~~~!!!

 

特集~腰痛の鍼灸治療とセルフケア②~原因

2017年12月21日

当鍼灸院に来られる方で、圧倒的に多い腰痛の原因は、筋肉疲労。

2番目は、腰痛の関節や椎間円板などの変形からくる腰痛。

特集ブログ『腰痛の鍼灸治療とセルフケア』の第2弾では、

腰痛の関節や椎間円板などの変形が生じる疾患4つを取り上げるよ~ん。

 

 

小さい頃、大好きだったテレビ・アニメ番組『ハクション大魔王』の顔に見えてしまうイラスト。

腰椎1個を上から見た図。

中央に空洞(=椎孔 ついこう)があり、

この中に神経(=脊髄 せきずい)が通っている。

 

 

 

横から見た腰痛の連結。

背骨は、7個の胸椎と12個の胸椎と5個の腰椎が連結している。

どの椎骨にも椎孔(=空洞)があり、椎孔の連続は脊柱管といい、

脊髄が通っている。

 

 

ハクション大魔王の口の部分を椎体(ついたい)といい、

上下の椎体の間には椎間円板があり、

クッションの役目をしている。

1つ1つの椎骨は7つの靭帯(じんたい)で、結ばれている。

 

 

腰椎の椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、椎間板の中央にある髄核(ずいかく)が一部突出して、

周辺の神経(脊髄など)を圧迫して生じる。

脊椎のどこでも起きるが、腰椎の椎間板ヘルニアが最も多い。

スポーツや労働などによる、椎間板への大きな負担が原因となる。

腰痛や一側下肢の痛みや感覚障害、筋力低下などの症状があらわれる。

突出した髄核は、自然に退縮することが多く、

それとともに症状が改善することが多い。

退縮が認められなくても症状が改善することもある。

 

 

変形性腰椎症

加齢とともに椎間板が狭くなったり、椎骨が変形する。

頚椎と腰椎にあらわれやすい。

そうなっても症状が出ない場合もあるが、

腰椎の変形では慢性腰痛や可動域制限などの症状が出現することもある。

 

 

腰部の脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなり、

周辺の神経(脊髄など)を圧迫して生じる。

脊椎のどこでも発症するが、腰部が最も多い。

原因としては、変形性脊椎症や変性脊椎すべり症など

加齢による変性が最も多い。

特徴的な症状は、間欠跛行(かんけつ・はこう)。

歩き初めは何ともないが、しばらく歩くと、

腰~お尻~下肢にかけての痛みやしびれが出現し、

数分間、前屈姿勢をとったり、しゃがみこむと症状が回復する。

腰部の脊柱管狭窄症は、自然に軽快することが多い。

 

 

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

骨粗鬆症は骨強度が低下し、骨がもろくなり、骨折しやすくなる疾患。

閉経後の女性と高齢者に多い。

骨粗鬆症による腰背部痛はあまり知られていない。

骨粗鬆症による骨折は椎体圧迫骨折が一番多い。

床から荷物を持ち上げるなど、何気ない日常生活動作で生じることもある。

 

 

以上の4つ以外にも、腰痛の関節や椎間円板などの変形が生じる疾患はたーくさん。

腰痛が生じる原因って、様々なんだなぁ…。

 

 

 

今回、特集ブログに動画もくっつけてみた。

小道具を作るときに、この拡大の手法が役に立った。

碁盤の目でイラストを囲み、拡大した碁盤の目に、

拡大するイラストを描く。

美術の授業で習ったなぁ…。

 

 

こんなふうに小道具作りに追われ、

ブログの下書き(=動画のシナリオ)ができないまま、動画の撮影となった。

今回の特集で、この回が一番説明できず、

何度も撮り直した。

ブログを書いてみたら、内容が盛り沢山!

これを5分で説明できるわけないなぁ…。

はぁ…。

でもでも、カメラマンさんとモデルさんに長時間つきあってもらった動画!

見てほしいなぁ…。

 

 

 

 

履き心地と機能が肝心!こだわりの愛着品④

2017年10月06日

最初はグー!

じゃんけん、ポン!

手ではなく、足の指でじゃんけんができるかな?

では…、

 

鍵盤を叩くように、足の親指だけで床をタッチ!

次に、人差し指だけでタッチ!

中指だけでタッチ!

小指まで1本ずつ鍵盤を叩けるかな?

 

 

西洋文化が日本に入り、

着物から洋服に、下駄や草履から靴に変わった。

下駄や草履は足の指を使わないと、履物が脱げちゃう。

でも、靴はそんなことはない。

 

 

20数年前、祖母と母と私と足を見比べたとき、

やせほそった祖母の足の骨格が一番かっこよかった。

小さい頃から、足の指をしっかり使っていたんだなぁ…。

孫の代で、すっかり足の指が退化しちゃった…。

 

 

つい最近まで、ちょっぴり外反母趾だった。

20代から靴にこだわり、

靴の中で指がちょっと動かせるくらい、

しめつけない靴を選んできた。

でも、なっちゃった…。

私の場合、靴のせいではなく、

足指の筋力低下が原因だと思う。

 

これは、内くるぶしのほうから見た足。

赤いラインのように、いくつもの骨によってアーチが構成されている。

このアーチ、つまり土踏まずをつくるのが、足指を曲げる筋肉。

スポーツ選手の中には、この筋肉がかなり鍛えられて、

土踏まずがない方がいるようだが、

一般人には土踏まずがある。

 

 

足指をしっかり使う機会が乏しい上に

老化も加わり

足指を曲げる筋肉が衰え

土踏まずが崩れて内側に傾き

外反母趾になっちゃった…。

こんなふうに自己分析している。

 

 

とにかく足指を使わないと!

毎日、片足立ちになり、足指でバランス訓練!

ときどき、左右の足でじゃんけん!

最初の頃は、指がつりそうだった。

そして、今年の夏、頼もしい相棒に出会った。

 

 

 

 

草履!

足をかける『緒 お』は綿。

足の裏に接する部分はイグサ。

底はゴム。

真夏に素足で長時間履いても、べたつかない。

 

 

室内で履いている。

もちろん仕事中も!

最初は、鼻緒が当たる親指と人差し指がものすごく痛かった。

2ヶ月経った今は、鼻緒の部分がやわらかくなり、

なーんともない。

スリッパではしゃかしゃか歩けないが、

これは足の指を使うので、しゃっか、しゃかしゃか歩ける。

 

 

地道な筋トレのおかげか、外反母趾は殆どわからない。

たくましい足になった気がする。

やったー!!!!!!!

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!