福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:ツボ・マッサージ

薄毛・抜け毛・白髪など髪と頭皮のトラブルに鍼&お灸&ツボ・マッサージ!

2018年1月19日

 

中国留学中に住んでいた留学生寮512号室。

言葉の壁が厚く、意思疎通ができない…。

鍼灸修行がスタートできない…。

何カ月も八方ふさがりな状態が続いた。

 

 

留学地は、その県では2番目の都市。

仕事を求めて、たくさんの中国人が地方から集まっていた。

外国人は少ない。

1人で行動することが多く、

外出するときはウエスト・ポーチに必ず電子辞書と

警報器(鍵を抜くとブザーが鳴るタイプ)を入れ、

気を張っていた。

 

 

いつの間にか、白髪がどっと増えていた。

自分では気づかないほどのストレスだったのかな…。

 

 

更年期真っただ中の今、白髪は増殖中!

う~~~。

 

 

薄毛や抜け毛、白髪を改善して、元気な髪を作るポイントは

3つあると思う。

 

 

1つ目は、何と言っても日常生活の見直し。

寝不足が続いてる?

栄養のバランスはとれてる?

老化が髪にあらわれてきたら、

日常生活の『無理』を見直さないと…。

自分でもすっごく実感してる!

 

 

2つ目は、頭皮の状態を元に戻すこと。

どういうことかと言うと…。

首こり、肩こり、背中こりや、ストレスを解消する

頭皮を柔らかくして、頭皮の血流をよくする

毛根に血流を流す

毛根の働きをよくする

元気な髪が作られる=薄毛・抜け毛・白髪が改善!

 

 

背中や首・肩に鍼やお灸をすると、

滞った血流が巡り始め、カチコチな筋肉がほぐれるので、

ストレスで張り詰めていた気持ちもほどけやすい。

白髪や薄毛の頭皮は硬いことが多く、

細くて短い鍼をちょこんと刺しておくと、

頭皮が柔らかくなり頭皮の血流も改善する。

 

 

 

 

頭にはツボがいーっぱい!

頭皮のツボ・マッサージもおすすめ。

 

 

 

10本の指を立てて頭に当て、

指の位置をずらさずに、頭皮を動かすつもりでマッサージ!

血行がよくなると、スムーズに頭皮が動くようになる。

『頭の前→頭頂→後ろ』と、縦方向に場所を変え、

中央から耳側へ、頭全体を刺激する。

硬い部分は、より丁寧に!

 

 

自分自身も実践中!

シャンプーする前にやっている!

硬かった後頭部の頭皮が、少し動くようになってきた。

頭もすっきりする!

そんなに力がいらないから、疲れないよー!

ただ、やめていしまうと、元の硬さに戻ってしまう気がする。

 

 

3つ目は、腎の気を高める、

西洋医学の『腎臓』と東洋医学の『腎』は若干働きが異なる。

『腎』はアンチエイジングと深くかかわり、

腎の気(=エネルギー)を高めることにより、

急降下な老化をくいとめる。

 

 

 

赤いラインは『足少陰腎経 あし・しょういん・じんけい』という経絡。

『腎』にもつながっている。

この経絡上のツボに鍼やお灸をすると、

『腎』の気もアップ!

アンチエイジング!!!!!

 

 

さてさて、来月2月6日(火)に、太宰府市いきいき情報センター主催の

お灸講座があります。

テーマは、『薄毛・抜け毛・白髪など頭皮と髪のトラブル対策』。

お灸とツボ押しとツボ・マッサージをします。

市外の方も受講できます。

気になる方はどうぞご参加ください。

詳しくは、ホームページの『お知らせ』をご覧ください。

 

体と心のメンテナンスってなんじゃらほい

2011年8月20日

私は、福岡で鍼灸院をしていますが、利用者のご要望もあり、

最近『治療コース』を設定しました。

その中に『メンテナンス・コース』があります。

1ヶ月に1回程度、鍼灸治療で体調を整えたいと

考えている方のために設定しました。

私は、よく『メンテナンス』という単語を口にしますが、

とても曖昧な言葉だなぁ…と思い、

ちょいと考えてみたくなりました。

              *

メンテナンス。

Maintenance.

和英辞典によると、

(道路・建物・車・機械などの)整備、メンテナンス。

国語辞典によると、

1.維持、保持。

2.コンピューター・システムを正常に作動させるために

行う日常的な作業。

なるほど。

『車のメンテナンス』は、耳馴染みがありますね。

               *

さて、

『体のメンテナンス』って、

自分自身が自分の体の健康についてみつめるところから

始まる気がします。

今の自分の健康状態を把握して、

健康であり続けたい…と願う気持ちが芽生えない限り、

メンテナンスをしようとは思いませんよね。

               *

当鍼灸院を利用されている方々をみると、

『メンテナンス』といっても、年代によってとらえ方が違います。

30代は、『結婚』や『出産』を意識した体のメンテナンス。

40~50代は、『更年期症状』など、体の変化を意識した体のメンテナンス。

60代は、『体の老化』を意識した体のメンテナンス。

また、どの年代にも共通しているのは、

『仕事』や『家事』など日常生活の中で受けるストレスを意識した

体と心のメンテナンスも必要ということ。

               *

症状が改善しても、ときどき顔を出して、

鍼や灸で体の調整をさせてもらいたいなぁ…と、

私は常々思います。

その症状の原因が仕事や家事など普段の出来事であれば、

なおさらメンテナンスは重要だと思います。

もちろん、ご自身でメンテナンスするのも大事。

ご希望の方には、鍼灸治療の後、

その方にあったストレッチング方法や簡単な体操、

自宅でのお灸の方法を指導しています。

ただ、これは、『無理なくできること』が肝心。

体にいいことであっても、その方にとって負担になることは

長続きしないし、ストレスになるだけです。

ご自身でメンテナンスをしていても、

「あー、限界っ!」と体と心が悲鳴をあげる前に、

コトーの顔を思い出して欲しいなぁ~って思います。

               

首こり・肩こりに効く意外なツボ

2011年7月29日

暑いですね。

皆さん、お元気ですか。

これは、今日仕事場から撮った、夏雲。

太陽光線のおかげか、夏の雲はただの白ではなく、

奥行きを感じさせるコントラストがあり、かっこよくて、

他の季節よりも写真を撮る機会が多いような気がします。

               *

雲と言えば、ツボの名前で『雲門 うんもん』があります。

(安直な話の展開。 すみません。)

でもでも、

この『雲門』穴はすぐれもの。

手の太陰肺経(たいいん・はいけい)という、経絡上にあります。

肺経にあるツボに鍼や灸をすることにより、

咳・喘息・風邪など肺にかかわる疾患を改善します。

それだけではありません。

この画面を見ている、肩こりさん、首こりさん。

ちょっとこのツボを押してみてください。

場所は鎖骨の外端の下のくぼみ。

腕の骨の内側。

左右あります。

イタ気持ちよくありませんか?

このツボは肩こり・首こりにも効きます。

               *

上図をもう一度見ていただきたいのですが、

『雲門』のちょっと下に『中府 ちゅうふ』というツボがあります。

このツボも肺経上にあり、作用も一緒。

こんなふうにツボ・マッサージをすると、

イタ気持ちいい…。

首こり・肩こりって、後ろとか外側(横)の筋肉のこりが

気になる方がほとんどですが、

実際は前面もこっている方が多い!

だから、首のストレッチングは、上を向いて、

首の前の筋肉も伸ばすことをおすすめします。

               *

おまけの話。

今日は原稿を書くより、絵を描くのに

すいぶん時間を費やしてしまったっ!

マッチョマンな女子になっちゃった…。

小学生の時、お絵かき教室に通っていたのになぁ~。

ご予約・お問い合わせはコチラ!