福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:日常生活のアドバイス

再特集~手の腱鞘炎の鍼灸治療とセルフケア③~サポーター&装具&テーピング

2019年5月13日

筋肉の端っこは腱になり、

腱は腱鞘というサヤの中を通り、

骨に付着する。

指や手首を使いすぎて、腱や腱鞘が厚くなり、

筋肉が動くたびに腱と腱鞘が摩擦し続けると、

腱鞘炎になる。

 

 

炎症を抑えるには安静第一!

筋肉が動かなければ、腱と腱鞘が摩擦を起こすこともなく、

炎症がおさまってくる。

でも、日常生活で手を使わないわけにはいかない。

そこで登場するのがサポーターと装具とテーピング。

 

 

一番固定力が強いのは、がしっ!と巻くテーピング。

痛みが強いときや、

夜間、筋肉の緊張が強いときにおすすめ。

がしっ!としたテーピングは自分では巻けないので、

そんなときは金属や硬質プラスチック製の支柱つきの装具がおすすめ。

 

 

 

 

手の甲と手のひら中央に、縦長の支柱が入っている。

手首の腱鞘炎に用いる。

 

 

 

 

手首は動かせないが、指はこんなふうに動かせる。

 

 

 

 

支柱が入っていると手作業がしにくいときには、

支柱なしのサポーターもあるよ。

 

 

 

 

親指にひっかけて、くるくるっと手首に巻く。

リストバンドよりも固定力は強い。

 

 

 

 

手のひらはこんな感じ。

あっ! ピンボケ!

 

 

 

 

伸縮性のあるテーピング用テープを手首に2巻きするだけでも、

若干固定される。

これだったら自分でも巻ける。

幅38mmのテープを使用。

 

 

 

 

親指の腱鞘炎用の支柱つき装具。

 

 

 

 

斜め線の部分に縦長の支柱が入っている。

親指はほとんど動かせない。

就寝中も緊張が強く、翌朝親指がこわばっているときには、

夜間装具は必須!

支柱つきの装具で固定し、緊張をゆるめる。

 

 

 

 

手のひらはこうなっている。

 

 

 

 

この装具は固定力は強いが親指は少し動かせる。

 

 

 

 

斜め線の部分に軟性のプラスチックが入っている。

 

 

 

 

手のひら側にもプラスチックが入っている。

 

 

 

 

この装具は支柱が入っていない。

先ほどの装具よりも固定力は弱く、

手作業はしやすくなる。

 

 

 

 

手のひら側はこんな感じ。

親指は動かしやすい。

 

 

 

 

 

 

このサポーターは支柱が入っているが、

金属ではなく、

更に親指は動かしやすい。

その分、固定力はおちる。

 

 

 

 

このサポーターは手のひらにのせている、

リボンの輪の部分に親指を入れ、

両脇のマジックテープを手の甲と手のひら側に留めて固定する。

 

 

 

 

 

 

支柱はないが、リボンがあるので、親指は若干固定される。

 

 

 

 

 

 

伸縮性のあるテーピング用テープをこんなふうに巻くだけでも

若干固定される。

これだったら自分でも巻ける。

幅25mmのテープを使用。

 

 

サポーターや装具、テーピングは、症状や用途に合わせて

使い分けるのがポイント。

ネットやスポーツ用品店、ドラックストアで購入できる。

ただし、靴と一緒で、

しばらく装着してみないと、自分に合うか分からない。

 

 

女性鍼灸師による女性専門鍼灸院≪レディース鍼灸ことう≫では、

5月14日(火)と19日(日)に、『手の腱鞘炎』をテーマにお灸教室をする。

コトーの前職は理学療法士。

患者さんのサポーターや装具を選んだり、テーピングをしてきた。

お灸教室ではサポーターなどを試着してもらうよ~ん!

興味のある方はぜひご参加を!!!

次回の特集ブログでは、手の腱鞘炎の鍼灸治療を紹介するよ~ん!

 

 

ぎっくり腰になっちゃった? 鍼灸の出番です!

2019年3月15日

「ぎっくり腰になっちゃって!」

「ぎっくり腰になりそう…」

そんなふうに言いながら当鍼灸院に来られる方が増えている。

腰痛持ちさんは、季節の変わり目にぎっくり腰になりやすい。

 

 

ぎっくり腰の程度は様々。

ピシッ!と腰に痛みが走った後、

腰の筋肉が過緊張となり、あまりの痛さに動けない…。

 

 

痛みが走ったけれど、その後動ける。

でも上半身をそらすと痛くて、前かがみになる。

上半身をひねることも難しく、ロボットになった気分…。

 

 

痛みが走った後、動けるけれど、

何となく痛いような腰が重いような…。

近いうちに、もう1度ピシッと腰に痛みが走りそう…。

今度痛みが走ったら、動けなくなりそう…。

 

 

痛みや日常生活の支障の程度は様々でも、

背筋や腰付近の筋肉疲労が激しいことに変わりはない。

数日間、安静第一!

横向きに寝て、腰周辺の筋肉を極力使わずに休ませよう!

これができるかどうかで、回復のスピードが違う!

 

 

腰の筋肉の炎症なので、温めるのはNG!

当日の入浴は我慢しよう!

どうしても入りたければ、シャワーですませよう!

 

 

仕事や家事などで休めない方は、日中コルセットをしよう!

腰の筋肉をサポートする!

まれに、コルセットをすると更に腰の筋肉が緊張しちゃう方がいる。

コルセットをしたほうが楽かどうか、チェックしよう!

 

 

鍼灸治療は急性期でもOK!

あお向けやうつ伏せの姿勢をとることがきついときは、

横向きでもできるぞ!

鍼やお灸で、滞った血流を改善し、筋肉の緊張をゆるめ、

痛みを軽減させる。

 

 

ぎっくり腰では主に背筋の、

腰の部分と仙骨部分(尾てい骨の上)が痛いことが多い。

背筋は、うなじから尾てい骨の上までつながっている。

ぎっくり腰さんは、腰の上までの背筋も硬い。

背筋を上(=うなじ)から下(=仙骨)までゆるめることが大切だぞっ!

 

 

赤いラインは『足太陽膀胱経 あし・たいよう・ぼうこうけい』という経絡。

 

 

 

 

目頭と鼻の間にある『睛明 せいめい』というツボから始まり、

 

 

 

 

頭頂、

 

 

 

後頭部、

 

 

 

 

うなじから2本になり、

 

 

 

 

背中、お尻、

 

 

 

 

脚の後面、

 

 

 

 

外くるぶし、脚の小指にある『至陰 しいん』で終わる。

経絡の上にツボが67個。

左右の経絡をあわせて、全部で134個!

 

 

ぎっくり腰の治療には、背中やお尻のツボをよく使う。

ふくらはぎにあるツボにも反応が現れやすく、

鍼やお灸をするなぁ…。

痛い部分から遠く離れたツボでも治療するんだよ~ん。

 

 

 

赤いラインは『帯脈 たいみゃく』という経絡。

ウエストをぐるっと1周している。

腰が痛いときは腹筋や側腹の筋肉も硬くなることが多い。

帯脈の上にあるツボもよく使うなぁ…。

 

 

休息やコルセット、鍼灸治療で痛みがやわらいできたら、

散歩やストレッチングなど体を動かしながら、腰周辺の筋肉をほぐそう!

ぎっくり腰をする方は、痛みがなくても腰周辺の筋肉がこわばっている。

日頃からストレッチングや軽い体操などで筋肉の柔軟性を維持すると、

ぎっくり腰を起こしにくくなるぞっ!

月1回ほど鍼灸治療でメンテナンスすることもおすすめ!

腰は肝心かなめなところ。

気をつけよう!

 

 

2017年12月に、『腰痛の鍼灸治療とセルフケア』という特集ブログを組んでいる。

詳しく知りたい方はそちらをどうぞ!

動画付きだぞっ!(たいしたことないけれど…)。

 

『五十肩と寝る姿勢の関係性』と『五十肩の鍼灸治療』

2019年1月26日

どちらか一方の横向きで長時間寝る(=片寝)と、

体の重みで下側の腕の筋肉と血管が圧迫され続け、

血管障害を起こすことがある。

中年になると筋肉も血管も関節も老化し始める。

より血管障害を起こしやすく、

片寝が原因で腕まわりの筋肉のこりや痛み、

つまり『五十肩』になりやすい。

久しぶりにツボ・モデル子ちゃん登場!

 

 

 

赤い部分は三角筋。

腕のつけ根から、二の腕の半分ぐらいまで、、がばっ!とくっついてる。

片寝では三角筋が一番圧迫されやすいので、

五十肩でこの筋肉の痛みを訴える方は多い。

三角筋は腕をどの方向に動かしても働く筋肉だから、

よけい痛みを感じるんだなぁ…。

 

 

脇の下には6個の筋肉があり、肩を動かすときに活躍してる。

これらの筋肉が、分厚いステーキ状に硬くなるとどうなるか…。

腕を上げようとするときに脇の下が開きにくくなる。

無理に上げようとすると、

上げるときに働く三角筋に負荷がかかり、

三角筋はさらにダメージを受けるんだなぁ…。

 

 

あなたの脇の下に、分厚いステーキは潜んでる?

チェックしてみよう!

 

脇の下の根元に親指を当て、他の4本の指を背中に当てる。

がしっ!とつまむと、そこにあるのは、

肩甲骨と二の腕をつなぐ6個の筋肉。

柔らかいかな?

もう1ヶ所チェーック!

 

親指を鎖骨の下に、他の4本の指を脇の下の根元に当て、

つまんでみよう!

そこにあるのは、『大胸筋 だいきょうきん』。

この筋肉が硬く縮こまっても、腕は開きにくい。

このあたりの筋肉や関節運動のことを詳しく知りたい方は、

2015年5月のブログ『特集~肩甲骨の話①~③』を見てね~ん。

 

 

肩甲骨や二の腕、鎖骨、背骨を支え動かす筋肉が、

肩関節の動きにかかわる。

五十肩では、それらの動き方を評価して、

問題のある筋肉たちを探し出し、

それら1つ1つに、鍼とお灸でアプローチするんだよ~ん。

血流を改善し、筋肉の柔軟性を呼び起こし、

こりや痛みを緩和させ、肩関節の可動範囲を広げる。

 

 

 

 

おすすめの手法は『灸頭鍼 きゅうとうしん』。

鍼を置いて、その先端にモグサをのせお灸もする。

鍼の刺激とお灸の輻射熱のW効果。

肩の奥にある筋肉でもピンポイントで緩めることができるよ!

 

 

痛みの原因が片寝である場合は、

もちろん寝る姿勢を考慮しないとなかなか治らない。

五十肩には仰向けが一番いい。

しかし、腰痛持ちさんは仰向けでは腰の負担が大きいこともあるので、

気をつけて…。

 

 

また、忘れがちなのが敷布団のフィット感。

痩せている方は硬めの敷布団では圧が強すぎる。

逆にふくよかな方は柔らかめの敷布団では沈み込みすぎる。

敷布団は消耗品。

快眠本によると、マットレスの寿命は7~10年、

敷布団は3~5年らしい。

コトーの使ってる敷布団兼用マットレスは10年目に突入。

長時間片寝をすると、下側の肩と太ももの横が痛い。

ヘタってきたなぁ…。

買い替えどきなんだなぁ…。

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!