福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:コトー・鍼灸スタイル

コトーの鍼灸スタイル~五感の記憶…洞察力を高めたい!

2015年11月13日

いきなりですが、皆さんに問題です。

下のツボ・モデル子ちゃんを五秒間じっくり見た後に

質問にお答えください。

スタートッ!

 

 

kidney_meridian_yk_001

5秒経ったら、ツボ・モデル子ちゃんを手や紙で

隠してください。

 

 

さぁ、問題です。

Q1 ツボ・モデル子ちゃんの右腕は

……どんなポーズをとっていたでしょうか。

……ご自分の腕で再現してください。

……「電車やバスなどに乗車中でできないよー」という方は、

……頭の中で再現してください。

……5本の指は?

 

 

Q2 左腕はどうなっていましたか。

……右腕と違う所はどこですか?

 

 

Q3 右脚はどんなポーズをとっていたでしょうか。

……膝は曲がっていましたか?

 

 

Q4 左脚はどうなっていましたか。

……記憶をよみがえらせて、がんばってぇ~!

 

 

Q5 ツボ・モデル子ちゃんの体重は右脚に

……のっていると思いますか。

……それとも左脚?

……なぜそう思いますか?

 

 

突然の質問にしっかり答えていただき、

ありがとうございます。

ツボ・モデル子ちゃんを再度見て、

ご自分の『視覚の記憶』と照らし合わせてください。

どうですか?

左のつま先をちょこんと床につけているので、

体重は右にのっている…と、

コトーはツボ・モデル子ちゃんの姿勢を分析します。

 

 

もう30年も前、

コトーが理学療法士の養成学校に通っていたときの話。

『写真を5秒間見た後に、その写真について指導者から質問を受ける』

そんな姿勢分析を高めるトレーニングを、

インターン実習先でしました。

意識して見ないと視覚の記憶はあいまいです。

 

 

もしかしたら、聴覚の記憶のほうが馴染みがあるかもしれません。

例えば…、電話中。

「あれぇ~、鼻声っぽいなぁ。

〇〇さん、風邪ひいたのかな…」とか、

「なんか、元気がないな…」とか、

「なんか、いいことあったかな…」とか、

思いめぐらすことがありますね。

 

 

私たちは、相手の声の大きさや抑揚、話すリズムなどの特徴を記憶し、

その聴覚の記憶を瞬時に呼び起こし、

今日の〇〇さんと比較し、考察しているわけですね。

 

 

コトーが女子高校生だった頃。

放課後に、クラスメイトとマクドナルドに立ち寄りました。

カウンターで注文中、いい香りがしてきました。

窓の外を見ても、きんもくせいの木は見当たりません。

「すごーい、遠くのきんもくせいの香りが入って来てる…」と、

クラスメイトに話したら、定員さんが、

「ありがとうございます。

トイレで使っている芳香剤の香りです。」と言われました。

トイレを見ると、掃除中でドアが空いていました。

ずっこけ~~~!

 

 

未だに、本物のきんもくせいの香りと、

トイレの芳香剤との違いが分かりません。

動物的本能の力が衰えているのかなぁ…。

 

コトーの鍼灸スタイル~主軸のバランス…

2015年11月06日

前回に引き続き、今日も経絡の話におつきあいください。

 

 

body_front_001

経絡は、陽の経絡と陰の経絡に分かれます。

体の前面を通る経絡は、ほとんど陰の経絡。

 

 

 

conception_vessel_yk_001

赤いラインは、『任脈 にんみゃく』という経絡。

体の前面中央を通っています。

別名、『陰経の海』。

陰経の経絡たちを統括する、重要な経絡です。

この経絡の上に、24個のツボがのっています。

 

 

下腹部の奥には子宮や卵巣があるので、

生理痛や生理不順、更年期症状、不妊症など婦人科の症状には、

下腹部のツボに鍼やお灸をします。

 

 

下腹部の別名は、『丹田』。

丹田はエネルギーが集まる所と、東洋医学では考えています。

すぐ風邪をひきやすい、など体の抵抗力が落ちているときや、

疲れがとれない、疲れやすいときには、

下腹部にあるツボに鍼やお灸をして、

エネルギーを補給します。

 

 

おへそ周辺のツボは、便秘など腸のトラブルに用います。

また、おへそからみぞおちまでのツボは、

食欲不振や胃もたれなど胃のトラブルや、

精神的ストレスが強いときにも用います。

 

 

 

body_back_001

体の背面を通る経絡は、陽経。

 

 

governor_vessel_yk_001

ブログ初登場!

描きたてのツボ・モデル子ちゃん!

後ろ姿って描くのが難しい…。

ブログの文章を書くよりも時間がかかってしまった…。

 

 

赤いラインは、『督脈 とくみゃく』という経絡。

体の背面中央を通って、頭頂部、鼻の中央を下り、

上歯の歯肉で終わります。

別名、『陽経の海』。

陽経の経絡たちを統括しています。

28個のツボがのっています。

 

 

頭痛やのぼせ、鼻炎には、頭のツボに、

小さくて細い鍼を頭皮と水平にちょこんと刺します。

 

 

経絡は全身にエネルギーと栄養分を送っています。

督脈に限らず、陽経の経絡の流れ全体を促したいときは、

督脈に棒灸をします。

 

 

boukyu_yk_001

棒灸は、モグサを固めて和紙で包んだタバコ状のお灸です。

直径15mm。

皮膚から3cmほど離して温めます。

棒灸は動かせるので、督脈を下から上までしっかり温め、

流れを促します。

 

 

経絡に限らず、体の中心線である、重心線はとても大切。

 

stand_upright_yk_001

これは理想的な重心線。

大転子(だいてんし)とは、太ももの骨の頭の部分。

耳たぶ~肩先~大転子~膝蓋骨の後ろ~外くるぶしの約2cm前が

一直線だとバランスがいい。

重たい頭を背骨が支え、上半身を骨盤がしっかり支え、

その骨盤を下肢が無理なく支えている。

 

 

猫背になったり、腰が反ったり、膝が曲がったりすると、

この重心線がくずれ、

体を支えるための筋肉の負担が増えます。

その結果、首こり・肩こり・腰痛・膝痛などを引き起こすこともあります。

体の主軸って大切なんですよ…。

 

コトーの鍼灸スタイル~縦と横のバランス…

2015年10月30日

 

body_front

鍼やお灸で用いるツボは、

経絡の上にのっています。

経絡は全身に張り巡らされ、

エネルギーと栄養分を体の隅々まで送っています。

ツボに鍼やお灸をすると、

滞っていた経絡の流れがよくなり、

症状のある部位にエネルギーと栄養分が行き届き、

自然治癒力が高まり、症状が改善します。

 

 

belt_vessel_yk_001

赤いラインは帯脈(たいみゃく)。

メジャーな経絡は体に対して縦に走行していますが、

帯脈は違います。

ウエストを横方向に一周しています。

各々の経絡上には各々のツボがのっていますが、

帯脈は独自のツボがありません。

他の経絡上のツボをつないでいます。

 

 

帯脈はおなかや腰を通る経絡を束ねています。

帯脈が引き締まりすぎると、

その中を通る経絡もぎゅっと絞められ、流れが悪くなります。

逆に、帯脈が緩みすぎると、縦方向の経絡もゆ~るゆる…。

帯脈は経絡の調整役です。

 

 

腰痛や腸、子宮・卵巣・膀胱のトラブルのときも

帯脈の流れを整えることが大切になります。

 

 

コトーは鍼灸師になる前から、

『縦』と『横』にこだわってきました。

10年ほど前まで、8年間機織りを習っていました。

糸を染めて織機にかけて、

『鶴の恩返し』のようにパタンパタンと織り、

出来上がった織布でマフラーやストールを作ったり、

裁断してミシンにかけてベストやカーディガン、

セーターなど仕立てました。

 

 

縦糸と横糸を何本ずつ交差させるかで、

織り目が変化します。

また、糸の素材(綿・麻・シルク・ウールなど)や太さで、

織り布の風合いや張りが変化します。

 

 

縦糸と横糸を同一色にすれば、無地になります。

縦糸あるいは横糸だけ色を変えれば、

ストライプになります。

縦糸も横糸も変えれば、チェック柄になります。

 

 

織機を手離すときに写真を撮ったはず。

SDカードには………、ないなぁ~。

アルバムにも……ないなぁ~。

あっ!

コトーの作品たちが出てきた!

 

 

2015_10_29_001

<表>

 

2015_10_29_002

<裏>

この頃は、病院でリハビリの仕事をしていました。

「奥さんの誕生日にプレゼントしたい!」と上司に頼まれたベスト。

ベネトンが好きだと聞いたので、

それっぽいカラーをイメージしてデザイン。

 

 

 

2015_10_29_003

「旦那さんの誕生日プレゼントにもしたい!」と、

その奥さんから頼まれたベスト。

アツアツの夫婦だなぁ~。

機織りの経験が浅く、洋裁学校にも行っていない自分が、

作品を売っていいのかぁー!!!

そんなモヤモヤした気持ちで、必死に作ったなぁ~~~。

 

 

 

2015_10_29_004

「ジャケットを仕立てたいから、布を織って!」と注文を受け、

幅85cm、5m、織りました。

とーても細い糸で、たしか縦糸が2000本。

 

 

2015_10_29_005

洋裁の先生をしている注文者が作ったジャケットは、

かっちょい~い!!!!!!!

 

 

 

2015_10_29_006

木綿の織り布。

 

2015_10_29_007

糸に濃淡をつけ、グラデーションのある織布になりました。

 

2015_10_29_008

ランチョンマットの出来上がり!

 

 

 

2015_10_29_009

張りのある織布に仕上がったので、バックを作りました。

 

 

 

2015_10_29_010

紅葉をイメージしたセーター。

 

 

 

2015_10_29_011

表は綿、裏はウールのカーディガン。

 

 

 

2015_10_29_012

木綿のロングカーディガン。

 

 

あー、やっぱり縦と横の関係って面白い!

また機織りをしたくなっちゃったなぁ~。

あっ?!

鍼灸師のブログなのに、またまた関係のない話を

熱く語ってしまった!!!

ハハハー!

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!