福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:消化器科

特集~器官や臓器の症状に働きかけるツボたち⑦~胃

2018年7月24日

胃の中が空っぽなとき、

胃袋の大きさは約200ml。 厚みは約1cm。

食べ物が入ると約1500mlまでふくれ、数mmの薄さになる。

 

 

胃壁の内側には、小さな穴が無数にあり、

胃に食べ物が入ると胃液が分泌される。

胃壁の内側は粘膜、外側は筋肉。

胃壁自体が運動して、食べ物と胃液をよく混ぜ、

だいたい2~5時間かけてドロドロのかゆ状にし、

十二指腸へ運ぶ。

でも、水分なら数十分で腸に行っちゃうよ!

油脂は消化しにくく、8時間かかっちゃうこともある。

だから、揚げ物やラーメンなど脂っこい食事の後に、

胃のもたれるときがあるんだなぁ…。

 

 

食べすぎや飲みすぎ、よくかまずに飲み込んでも、

消化に時間がかかり、胃が疲れきって、

胃もたれや胃痛、胸やけを起こす。

『腹八分目』の量を、よくかんで食べることが、

胃への思いやりなんだなぁ…。

 

 

胃液の中身は99%が水分。

残りの1%は、濃い塩酸(=胃酸)と消化酵素(ペプシン)と粘液。

粘液が胃の粘膜を保護しているから、

濃い塩酸が胃に入ったって、胃壁が傷つかない。

 

 

でも、ストレスなどで胃酸の分泌が高まって、

胃の粘膜が傷つき炎症を起こすことがある。

これが急性胃炎。

炎症が長く続くと、粘膜が委縮し、胃酸の分泌が低下する。

これが慢性胃炎。

さらに進行すると、深部の胃液まで委縮し、

胃壁がペラペラに薄くなっちゃう。

これが萎縮性胃炎。

慢性胃炎も萎縮性胃炎も原因のほとんどは、ピロリ菌の感染。

 

 

胃粘膜がさらに深くはがれ落ち、

一部分が壊死を起こすのが『胃潰瘍』。

みぞおち付近の痛みは食後に多い。

 

 

胃粘膜は健康なのに、胃痛や胃もたれ、

食欲不振などが続く場合は、

『機能性ディスペプシア』かも。

 

 

『ディスペプシア』は『消化不良』という意味。

原因は3つ。

1.何らかの原因で胃のふくらみが悪く、

食べ物が貯めきれず、消化不良を起こす。

2.胃酸への感受性が強く、胃に痛みを感じる。

3.ストレスで胃の働きが鈍くなり、胃がふくらみにくい。

機能性ディスペプシアは若い女性に多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

背中の、胃の裏あたりにあるツボ『胃兪 いゆ』。 赤矢印。

もちろん、胃のトラブルを治すツボ。

その外側にあるのが『胃倉 いそう』。 黄緑矢印。

『倉』は、物を貯蔵する所。

胃は一時的に食べたものを貯めるので、この名前がついた。

 

 

 

赤いラインは『足陽明胃経 あし・ようめい・いけい』という経絡。

黒目の下にあるツボ『承泣しょうきゅう』から始まり、

首、体幹、脚の前を通って、

足の人差し指にある『厲兌 れいだ』で終わる。

この上にツボが片側45個のっている。

 

 

経絡の働きは全身に気(=エネルギー)と血(けつ)(=栄養)を送ること。

胃の調子が悪いとき、この経絡上のツボに鍼やお灸をして、

滞った経絡の流れを改善し、気と血を胃にも充分に送り、

症状を緩和させる。

 

 

 

 

 

 

 

黄緑色の矢印は、『鳩尾 きゅうび』というツボ。

みぞおちにあたる。

赤の花丸は、『神闕 しんけつ』というツボ。

おへそにあたる。

みぞおちからおへそまでのラインは、

胃のトラブルでもストレスでもピアノ線のようにピーンと張る。

中央あたりのツボ『中脘 ちゅうかん』(赤矢印)に鍼やお灸をすると、

ピアノ線が緩み、深い呼吸となり、リラクゼーションも得られやすい。

 

 

おおおっ、今日も長いブログになっちゃった。

でも、おまけの話も書いちゃうよ!

 

 

コトーはいつのまにか更年期に入り、

いろーんな機能が衰えてきた。 うっ………。

胃腸力も落ちた気がする!

10年ぶりに胃の内視鏡検査を受けた。

10年前、「ポリープがたくさんあるけど、悪さはしないよ。

イボがたくさんあると思って…」と言われた。

やはり、ポリープは健在だった。

ピロリ菌はなかった。

体のメンテナンスが必要な年頃になったなぁ~。

 

花粉症や風邪に鍼とお灸はいかが?

2016年12月29日

髪を切りに行った。

真冬にえりあしを刈り上げたのは久しぶり。

帰り道、風府(ふうふ)と風池が寒~い!

 

 

 

asp_head_model_002

 

風府はうなじの中央にあるツボ。

風池はその斜め外側、かつ下にある。

 

 

 

asp_shoulder_model_001

 

ドアップにしても画像が見えづらく申し訳ないが、

肩甲骨と背骨の間には、風門というツボもある。

名前に『風』がつくツボは、風の通り道。

体が弱っていると、

これらのツボから風邪(ふうじゃ)という邪気が体に入り込み、

カゼを引きやすい。

寒風吹きすさぶ日にマフラーをするのは、

寒さ対策だけでなく、カゼ予防にもなる。

 

 

 

lung_meridian_yk_001

 

赤いラインは、手太陰肺経(て・たいん・はいけい)という経絡。

途中で枝分かれして肺にもつながっている。

カゼを治すときには、この経絡の上にあるツボをよく使う。

カゼと花粉症の症状は似ているので、

花粉症でもこの経絡上のツボを使うことがある。

しかし、カゼと花粉症とでは原因が違うので、

根本的な治療も異なる。

 

 

花粉症は、免疫システムの誤作動が原因となる。

本来『花粉』は些細な刺激なのに、

目や鼻や皮膚の粘膜にくっつくと異物と認識され、

体から追い出せ!!!と、

止めどもない鼻水や涙など様々なアレルギー症状が現れる。

 

 

花粉症の治療は諸症状を鎮めるだけでなく、

免疫システムの誤作動を正常に戻すことが大切。

花粉症の時季以外でも

この免疫システムを整えるツボに鍼やお灸をし続け、

花粉に過剰に反応しない体質に戻そう!

 

 

カゼを引きやすい方は、風邪が流行しやすい時季に予防も大切。

風邪予防のツボに鍼とお灸をしよう!

 

 

来年2017年2月7日(火)に、
太宰府市いきいき情報センターで開催予定。
市外在住の方でも参加自由!
また、当院でも来年2017年2月14日(火)と17日(日)に、
どちらの講座も簡単に実践できる内容!
花粉症やカゼにお困りの方は、
これらの講座で一緒にお灸をしよう!
さて、『おまけの話』。
長年たんたんとやっていたことが、ちょっとした拍子に
「なーんだ、こんなふうにやったほうがいいじゃない!効率もいい!」
と、気づくことがある。
また、「こんなふうに考えたほうがいい方向へ進んでいきそう!」
と、気づくこともある。
なんで、早く気づかなかったのかな…。
効率が悪くても、考え方がいまいちでも、
やり過ごしちゃっている。
脳ミソがコリかたまっているなぁ…。
これはいかん!
というわけで、今年は美術館や博物館へひょこひょこ足を運んだ。
素晴らしい作品や技術に触発され、心が躍る!
そして、作家や技術者の深い話しに
心が動く!広がる!柔らかくなる!(感じがする…)。
それがブログに反映されたとは思えないまま、
今日が今年最後のブログとなりました。
ブログ開始当初から読んでいる、そこのあなた!
根気強く読んでいただき、誠にありがとうございます。
途中から読み始めた、そこのあなた!
しょうもない話にもつきあっていただき、ありがたいことです。
再度読み始めた、そこのあなた!
こりもせずにありがとさんでございます。
今日初めて読んだ、そこのあなた!
コトー・ワンダーランドへようこそ! これからもよろしくです!
tubo_model_sisters_thank
来年、皆様に素晴らしい出会いと出来事がありますように…。

胃もたれ・食欲不振など胃の不調に鍼とお灸はいかが?後編

2016年11月23日

この世に誕生してから、私たちは口から飲食物を取り込み、

臓器で消化し、分解された栄養分を吸収する。

これが、生命活動に必要なエネルギー源となる。

 

 

取り込んだ飲食物を最初に消化するのは『胃』。

飲食の不摂生や精神的ストレスで、胃もたれや胃痛、食欲不振など

胃の不調を感じたことがある方は多いのでは…。

そんな胃のトラブルに鍼とお灸はどう?

 

 

鍼灸で用いるツボの多くは、経絡の上にのっている。

経絡は全身に張り巡らされた通路で、

エネルギーと栄養を全身に送っている。

経絡は表面だけでなく、内臓にもつながっている。

 

 

stomach_meridian_yk_001

赤いラインは『足陽明胃経 あし・ようめい・いけい』という経絡。

胃にもつながっている。

胃のトラブルが生じたときには、この経絡の流れが悪くなる。

経絡上のツボに鍼やお灸をして、経絡の流れを改善し、

胃にもしっかりエネルギーと栄養を送り、

胃の症状も改善させる。

 

 

spleen_meridian_yk_001

赤いラインは『足太陰脾経 あし・たいん・ひけい』という経絡。

この経絡は『足陽明胃経』の相棒。

2本の経絡はお互い影響しあっている。

胃のトラブルを治すときに、『足太陰脾経』上のツボもよく使う。

 

 

conception_vessel_yk_001

赤いラインは『任脈 にんみゃく』という経絡。

胃の調子が悪いと、この経絡の『みぞおち』から『おへそ』にかけて

ピーンと張ることが多い。

この経絡上のツボにも、ちょこんと鍼やお灸をする。

 

 

鍼灸は症状を治すだけでなく、

未病(みびょう)(=病気の一歩手前)にもアプローチできる。

胃が痛むわけではなく食欲もあるけれど、

胃が重い…。

なーんか気になるときにも、鍼や灸はおすすめ!!!

 

 

鍼灸は養生(=健康維持)にも活躍してくれる。

飲食の不摂生や精神的なストレスだけでなく、

疲れがたまると、すぐ胃にくる…。

体質的に胃が弱い方は、胃のトラブルがないときでも、

『胃の調子を整える』ツボに自分でお灸をし続けると、

ちょっとやそっとのことでは、胃のトラブルが起きにくくなる。

胃の不調で悩んでいる方は、鍼灸院の門をたたいてほしいなぁ…と思う。

 

 

さて、おまけの話。

コトーは最近『しょうが紅茶』にはまっている。

紅茶がもう少しでなくなるので、スーパーに買いに出かけた。

そこはオーガニックの商品が多く、価格が割高!

紅茶だけ買うつもりだった。

 

 

がっ!

創業祭!

たくさんの商品がセールになっている!

 

 

 

2016_11_23_001

こんなに買っちゃった!

紅茶、ポン酢、ソース、油、ピクルスの瓶詰、ホイル・トマトの缶詰、

小麦粉、ココア、肉!肉!肉!

袋を2つにして両手で持っても重い!

そうだっ!

 

 

 

2016_11_23_002

目の前でついていたお餅も買ったんだ!

レシートを持って抽選場に行くと、

前に並んでいる人も、その前に並んでいる人もはずれ。

なかなか当たらないのかな…。

「コトーはくじ運がいいほうじゃない。

欲を出したら当たらない。

無心……無心……」

唱えながら抽選箱に手を突っ込み、

1枚の紙をえいっ!

おおおー、当たったぁ~!

 

 

 

2016_11_23_003

有機玄米! 2㎏かな…。

うれしいけれど、荷物がもっと重くなる。

昨日も重い物を長時間持ち歩き、

すでに腕は筋肉痛…。

どちらもかなり重くて持ち替えても仕方ないけれど、

何度も両手の荷物を持ち替えながら、やっとウチにたどり着き、

つきたてのヨモギ餅にかぶりついた。

おいしぃ~~~!

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!