福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:冷え症

夏の冷え対策グッズ・その2

2013年8月05日

福岡は久しぶりの雨。

連日の猛暑で、ほてりきった地面も建物もクールダウン。

ちょっと過ごしやすいです。

今年は梅雨明けが早かったせいか、

夏がとても長く感じます。

あまりにも暑くてボーッとしていると、

頭の中に冷た~いアイスクリームや野菜ジュース、ビールが

浮かんでは消え…、

浮かんでは消え…、

浮かびっぱなしになります。

冷蔵庫にそれらを常備していると一日でなくなり、

冷え冷えの体になりそうなので、ぐっと我慢しています。

 

 

 

今日、ご紹介する冷え対策グッズはケトル!

でななく、その中身。

私は煮出したお茶が好きですが、

熱いとぐぐぐぐっと一気には飲めません。

コップに半分ほどお茶を入れておき、

飲むときに熱いお茶を継ぎ足し、

ちょっと温かめのお茶を飲みます。

 

お茶は茶葉の発酵度が高いほど、

体を温めるそうです。

紅茶、ほうじ茶、麦茶、杜仲茶などがおすすめです。

 

 

冷房の効いた部屋で、長時間デスクワークをしていると、

足先が冷えませんか?

そのまま放っておくと、冬に冷えが強くなるかも!?!

夏はシャワーだけで済ます方には、

浴槽につかることをおすすめします。

全身の血液が温まり、冷えた足先も温まりやすいです。

 

 

もう1つ、デスクワーク中に足先を冷やさないグッズは、

 

 

自分の筋肉です。

筋肉を動かすと体の中に熱を発生します。

全身の筋肉の70~80%が下半身にあります。

ゆっくりとスクワットをすると、下半身の筋肉が動き、

脚が温まりやすくなります。

また、椅子に座ったまま、『足指のグーパー(=曲げ

伸ばし)』や、『足首のぐるぐる回し』をまめにしていると、

足先が冷えにくいです。

これなら、仕事中でもできますね。

 

 

 

冷え体質を改善するなら、『台座灸』がおすすめ!

写真の台座灸は、自宅でも簡単にできます。

8月18日(日)と、20日(火)のお灸教室のテーマは、

『夏の冷えをとろう!』です。

興味のある方はぜひご参加ください。

詳細は、お灸教室のページをご覧ください。

 

 

穴があったら入りたい、おまけの話。

数か月前、出版社から原稿依頼がありました。

『医道の日本』という、鍼灸などの専門誌です。

若輩鍼灸師のコトーになんでぇ~っと思いつつ、

引き受けました。

8月号(今月号)に掲載されています。

「書ける!」とその気になって引き受けたのに、

下書きをしようとすると、テーマが広すぎて書けない…。

撮影仲間との撮影当日に、出来上がっているのは見出しだけ。

書き上げるのにかなりの時間を要しました。

「その割には内容がねぇ~」と、同業者に言われそうで、

穴があったら入りたい…。

ブログでは、まじめな話が長く続くと、

「おまけの話~!」って、笑っちゃう話が書けますが、

この原稿ではそれができず、つらかったなぁ…。

 

夏の冷え対策グッズ~その1

2013年7月26日

皆さま、暑中お見舞い申し上げます。

 

この暑さに、夏バテしていませんか。

福岡は、連日35℃くらいまで気温が上がり、

一歩外に出た途端、汗がドバーッ!

やっと目的地に着き、冷房の効いた室内に入った瞬間、

ファ~、気持ちいーい!と思うのもつかの間、

今度は汗を吸い取った下着やシャツが冷え始め、

接している皮膚もひんやり…。

このままでは、体の芯まで冷えそう…。

自宅なら着替えられますが、外出先ではそうはいかない…。

そんなときに大活躍なのが、これ!

 

 

キッチン・ペーパー!!!

汗を吸い取った下着やシャツと皮膚の間に

このキッチン・ペーパー1枚をはさむだけ!

キッチン・ペーパーが下着の汗を吸い取り、

体の熱がキッチン・ペーパーの水分を蒸発させるみたい…。

下着のひんやり感が皮膚に伝わりません。

紙は保温効果もあるので、ガンガンに冷えた室内では

おすすめです!

ぜひ、試してみて下さい!!!

 

 

さぁ~て、まったく関係ない、おまけの話…。

皆さん、どんな時に、物に対しての愛着を抱きますか?

長年愛用している時?

最近、私が一番愛着を抱いている品々がこれ!

 

 

小さな小さな消しゴムと色鉛筆です。

使っている最中に転がってなくなりそう。

でも、なくならない!

 

 

使い終わったら、本棚の上に置きます。

後ろのペン入れを取り出すときにぶつかって、

落ちてなくなりそう。

でも、なくならない!

この危うい環境ながらも、最後の最後まで

任務を全うしようとする姿に、

愛着心がフツフツと湧いてきます。

このブログを下書きしているときにも、

消しゴムにはお世話になりました。

ありがとーっ!

 

特集 冷え症~7.冷え取り方法・運動編・鍼灸編

2012年8月22日

冷えの特集も、もう第7弾!

こんなに長くなるとは…。

今日で最終編となるか?!?!

まずは、冷え取り方法・運動編!

 

1.体を動かす習慣をつける

適度な運動により筋肉を使うと、体の中に熱が発生し、

体温のアップにつながります。

ヒトの体温の40~80%は筋肉を動かすことでつくられます。

全身の筋肉の70~80%は下半身にあるので、

下半身を効率よく動かす運動が、より効果的!

ウォーキングでも、DVDを見ながらの体操でも、

興味があり、長く続けられそうな運動をおすすめします。

 

2.トイレのたびに全身を軽くストレッチ

長時間のデスクワークなど同じ姿勢を続けていると、

エネルギーや血流が滞ります。

この状態が長く続くと、冷えだけでなく、

筋肉も硬くなるので、肩も首もコリコリ!

 

そんな時はトイレ休憩などのたびに、ストレッチ!

立ったまま、息を吸いながら、両腕を上に挙げる!

両手が天井につきそうなくらい思い切り!

背中もおなかも脚も、

もうこれ以上伸ばせないと思うくらい伸ばしてぇ~!

その後は、ゆっくり息を吐きながら、

両腕と上半身を右へ傾け、体の左脇をストレッチ!

次に、息を吸いながら両腕を頭上まで戻し、

今度は、ゆっくり息を吐きながら、

両腕と上半身を左へ傾け、体の右脇をストレッチ!

…という感じに続けて、

上半身を前方へ倒して、背中をストレッチ!

上半身を後方へそらして、おなかをストレッチ!

(腰痛持ちの方は、上半身を後方へそらす時に

腰を痛めないように気をつけて…)

狭いトイレでは、しにくいかもしれませんね。

 

3.ちょっとした合間にぶらぶら、ぐるぐる

仕事や家事など、根を詰める作業を長時間するときは、

休憩時間や気づいたときに、

手首や足首をぶらぶらさせるだけでも、

指先やつま先など体の末端に滞りがちなエネルギーや

血液がスムースに循環します。

両腕や首・腰のぐるぐる回しは、肩こりや腰痛予防にも!

 

おーっ!

やっと、冷え取り方法・鍼灸編!

冷えを感じる部位って、人それぞれ。

足首や足先が冷たく感じる方がダントツ!

でも、体に触れると、おなかやお尻もひんやりとしている方もいます。

冬に手が冷える!という方もいますね。

 

冷えのある部位の近くのツボに、

こんなふうに

鍼と台座灸。

 

こんなふうに

鍼と棒灸。

 

こんなふうに

 

灸頭鍼(きゅうとうしん)などをします。

 

『塩灸』といって、モグサではなく、塩を使ったお灸も、

当院ではしています。

 

また、冷えや低体温の原因に対しても、鍼やお灸で解消します。

例えば、食欲がなく、食事量が減り、体内のエネルギーが不足して、

冷えや低体温が生じている場合は、

胃腸を整え、食欲が戻る働きのあるツボにも

鍼やお灸をします。

余分な水分が体にたまり、体が冷えている場合は、

水分代謝をよくするツボにも鍼やお灸をします。

同じ冷えを感じていても、一人ひとり、選ぶツボが違います。

 

いや~、長い特集でした。

『冬の冷えをつくらないために、夏の冷えを防ごう!』と、

8月のお灸教室のテーマに、『夏の冷え』を取り上げました。

ブログでも同じテーマでご紹介してきました。

真夏に『冷え』のことをじっくり書く機会がなかったので、

今回はいろいろなことに気づくことができました。

 

この猛暑でダラダラ汗をかいた後の、

冷たいお茶や酎ハイは、五臓六腑に浸み渡って、サイコー!

ただ、冷たい飲み物や食べ物ばかりとっていると、体は冷え冷え~~~。

だから、温かい野菜スープなどで、どっと汗をかきながら体を温める!

『冷えにとってマイナスなことをしても、

その後に無理なくプラスのことをする』ことが、

夏の冷えをつくらないポイントになりそうですね。

 

皆様、この特集を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

8月のお灸教室は終了しましたが、

冬には『冬の冷え』をテーマにお灸教室を開催しますので、

興味のある方はどうぞ!

ご予約・お問い合わせはコチラ!