福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

カテゴリー:症状別の鍼灸治療

疲れやすさ・だるさに働きかけるツボたち…前編

2019年6月15日

疲れやすさやだるさを感じる原因は様々。

 

 

例えば、筋肉疲労…。

労働や運動が長時間に及んだり、激しいと、

老廃物であり疲労物質である乳酸などが生成され、

筋肉にたまる。

筋肉は伸び縮みにくくなる。

 

 

 

 

 

 

膝(猿シール)下にあるツボ『陽陵泉 ようりょうせん』。

別名『筋会 きんえ』。

筋肉のトラブルが起きた時に、

鍼やお灸で用いるツボなんだよ~ん。

たくさん歩いたり、慣れないハイヒールを履いた後、

このツボを押すとイタ気持ちいい。

 

 

例えば、血行不良…。

福岡は5月から冷房が入り始めた。

暑くなれば、冷たい飲食物をとりがち。

いつのまにか体が冷え、血行不良に…。

血の巡りが悪いと、エネルギーが体全体に行き渡らず、

体が重だるーく感じる。

心臓から遠い下半身が特に冷えやすく、

血行不良となる。

 

 

 

 

 

 

内くるぶしの上にあるツボ『三陰交 さんいんこう』。

血流や冷えを改善する。

 

 

例えば、栄養不足…。

暑さが続くと食欲減退。

のどごしのいい軽めの食事になり、

栄養が偏ることもある。

 

 

 

 

膝(花シール)下にあるツボ『足三里 あしさんり』。

 

 

赤いラインは『足陽明胃経 あし・ようめい・いけい』。

この経絡は胃にもつながり、

胃にもエナルギーと栄養源を送っている。

この経絡上にあるツボ『足三里』に鍼やお灸をすると、

滞っていた経絡の流れが解消し、

胃にエネルギーと栄養源を充分に送ることができる。

胃弱の方は、毎日このツボにお灸をすると、

胃のトラブルが起きにくい体質になるよーん。

 

 

このツボはたくさんの効能があり、

エネルギーを補給する働きもある。

疲れやすさやだるさを感じたときに、

もってこいのツボなんだなぁ…。

 

 

健康を保つ『養生のツボ』でもあり、

胃弱でない方も、このツボに毎日お灸をして

体調を整えるのもいいんだよ~ん。

 

 

 

 

コトーは中国留学中、

毎日『足三里』にお灸をしていた。

 

 

 

 

40度近い極暑に1回夏カゼをひき、

鍼灸の修業先で漢方薬を処方してもらい、

 

 

 

 

最高気温0度の極寒に、

インフルエンザに1回かかったけれど、

それ以外は寝込むことがなかったなぁ…。

 

 

当院(福岡市南区にある、女性鍼灸師による女性専門鍼灸院、レディース鍼灸ことう)では、

今月、『疲れやすさ・だるさ』をテーマにお灸教室を開催。

事前に、いろーんな分野の本を読んでみた。

重要視されにくい『疲れ』や『だるさ』が心身に及ぼす弊害を

しみじみと感じ入った。

次回のブログでも、

『疲れやすさやだるさに働きかけるツボたち』を紹介するよ~ん。

よろしくです!!!

 

再特集~手の腱鞘炎の鍼灸治療とセルフケア⑤~鍼灸治療・その2

2019年6月03日

 

重たい物を下から持ち上げる動作は、

指を曲げる筋肉の負担が大きい。

乳児を育てるママさんが手首の腱鞘炎になりやすいのは、

赤ちゃんを下からかかえて抱っこしたり、

オムツを交換するから…。

 

 

 

 

 

右手のひら。

指を動かす筋肉は、手のひらにある骨から

指の骨に付く筋肉もあれば…、

 

 

 

腕の骨の肘あたりから、指の骨に付く筋肉もある。

この図のように、肘から腕中央までは筋肉だが、

そこから指先までは腱になる。

 

 

指を酷使して、手首付近の腱と腱鞘(腱を包むサヤ)が肥厚すると、

筋肉が動くたびに腱と腱鞘は摩擦を起こし、

長時間、長期間、その状態が続くと手首の腱鞘炎になる。

 

 

指を酷使して、指の部分の腱と腱鞘が分厚くなると、

筋肉が動くたびに腱と腱鞘は摩擦を起こし、

長時間、長期間、その状態が続くと指の腱鞘炎になる。

腱鞘の出入口で腱が引っかかり、

指の関節がロックされる。

これが『バネ指』。

 

 

 

 

前々回のブログ(装具、サポーター、テーピング編)で紹介していなかったが、

バネ指の固定には、非伸縮性のテーピング用テープ(幅25mm)で

指の関節を2巻きするのが一番だと思う。

 

 

 

 

手のひら側。

親指を含めて、指を曲げる筋肉は肘の内側についている。

鍼やお灸の治療ポイントは、手首や腕中央、肘内側(赤丸)。

画像にはないが、バネ指では指の腱も治療ポイントになる。

 

 

 

 

手の甲側。

指を伸ばす筋肉は肘の外側に付き、

腕の中央から指先までは腱になっている。

鍼やお灸の治療ポイントは、手首や腕中央、肘外側(赤丸)。

 

 

指は細かい作業ができる分、たーくさんの筋肉がある。

痛みのある筋肉だけでなく、

疲労している筋肉にも鍼やお灸をして、

筋肉の緊張を緩め、柔軟性を出すことが大切なんだなぁ…。

 

 

もちろん、痛みが強いときには、

装具やサポーター、テーピングで、

指や手首の関節が動かせる範囲を制限することも大事。

サポーターやテーピングは、弱くなった筋力もサポートする。

 

 

痛みがやわらいだら、ストレッチングや関節回し運動で、

動かせる範囲を広げる。

悪化、再発させないために、

原因となった手作業の取り組み方を見直すことも必要だと思う。

 

 

Mさんは手首を骨折し、ギプス固定中も事務仕事を続け、

無理がたたって親指の腱鞘炎になった。

骨折が治癒し、ギプスを外した後、

硬くなった手首の関節可動域を広げるリハビリや

指導を受けることもなかった。

当鍼灸院(福岡市南区にある鍼灸院・レディース鍼灸ことう)に来られた時には、

手首が痛くて手のひらを床につけられず、

親指も痛くて動かせなかった。

 

 

 

Mさんには指を曲げ伸ばしする筋肉や、

親指を広げる筋肉などに灸頭鍼(きゅうとうしん)をした。

灸頭鍼は鍼を置き、その先にモグサをのせ、お灸をする。

鍼の刺激とお灸の輻射熱で血流を促し、筋肉を緩める。

長期間のギプス固定は、長期間の手作業の妨げとなり、

指や肘、肩、首、背中の筋肉も疲労する。

腕、肩、首、背中のコリをほぐす鍼灸治療も行った。

 

 

親指の痛みが強かったので、親指を固定する装具もすすめた。

コトーの前職は理学療法士。

痛みが減少したら、簡単なストレッチングや運動を指導した。

Mさんは、鍼灸治療を受けるのが初めてだった。

治療の感想を聞いてみた。

『Mさんの声…』をどうぞお読みください。

 

 

今回の特集テーマは2度目だったが、

どんな内容がいいか迷いに迷って、

最終回まで随分時間がかかったなぁ…。

それだけ、手の腱鞘炎の治療は難しいんだなぁ…。

腱鞘炎になる前に治療をスタートしてほしい!!!と思う。

 

再特集~手の腱鞘炎の鍼灸治療とセルフケア④~鍼灸治療・その1

2019年5月29日

指の働きって、『物を握って操作する』ことが圧倒的に多い。

 

 

 

 

小さなものは、親指と人差し指の先端でつまむ。

 

 

 

 

親指と人差し指だけではつまめないときは、

中指も参戦する。

 

 

 

 

平べったい物や厚みのある物、重たい物は、

親指と他の4本で挟み込む。

スマホを持つときは、この持ち方かな?

 

 

筋肉は『〇〇し続ける』ことが苦手。

スマホをずーっと持ち続けることは、

指の筋肉にとってきついんだぞー!

筋肉は『反復運動』も苦手。

スマホの画面を、人差し指で長時間変え続けるのも

指の筋肉にとってきついんだぞー!

 

 

『つまむ』『握る』動作は、(親指)対(他の指)で構成される。

人差し指だけでは荷が重いときには、

中指や薬指や小指が参戦するが、

親指はどんなときでも一人でがんばっている。

手作業中に親指が休むことはほとんどなく、

パワーも要求されるんだなぁ…。

 

 

 

 

ピンボケですみませーん!

手のひらの茶線部分。

物を保持する際、親指を内側に引き寄せたり、

親指を曲げる筋肉がここにある。

 

 

 

 

手の甲から見ると、親指と人差し指の間にある『水かき』部分にあたる。

親指を酷使すると、これらの筋肉が硬く縮こまり、

水かきの部分が狭くなる。

弾力性のない筋肉はスタミナがなく、疲れやすい。

血流障害を起こし、更に硬くなっちゃう…。

 

 

 

 

手の甲。

親指を外側へ開いたときに、

親指の骨(赤丸)と人差し指の骨(青丸)とが交わる角度は60度。

あなたの水かきは60度ある?

親指の筋肉が縮こまっていないかな?

 

 

 

 

水かきの部分が狭いってことは、

親指が外側へ開きにくいってこと。

親指を伸ばしたり広げたりする筋肉(茶線2本)の負担も大きくなる。

重たいフライパンなどを持ち続けても、

これらの筋肉に負担がずしっとかかる。

 

 

 

 

 

筋肉の端っこは腱になり、

腱は腱鞘に包まれ、外力から守られている。

長時間、長期間、親指を酷使すると、

親指の筋肉の端っこにある腱や腱鞘が分厚くなり、

筋肉が動くたびに摩擦を起こし、

腱鞘炎になっちゃう…。

 

 

 

 

筋肉は骨に付着している。

その付着部分(赤丸)が鍼灸の治療ポイントになる。

手のひらの皮膚はセンサーがするどいので、

できる限り、手の甲からこれらの筋肉めがけて鍼をする。

 

 

 

 

手の甲も、親指と人差し指の骨の際(青丸)が治療ポイント。

親指を伸ばしたり広げる筋肉の手首部分(赤丸)もポイント。

 

 

親指を曲げる筋肉や伸ばす筋肉は、

肘の骨に付いているものもあり

肘も治療ポイントになるんだなぁ…。

 

 

おおーっ、随分書いたのに、原稿(=下書き)の半分にも至っていない!

手首の腱鞘炎やバネ指の鍼灸治療については、

次回、説明するね~ん。

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!