福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

特集~腱鞘炎の話④~治療方法

2014年11月22日

特集ブログ『腱鞘炎』!

4回目の今日は、腱鞘炎の治療方法について書いてみます。

 

 

西洋医学の治療は、症状の程度によって異なります。

初期の段階では痛みやしびれが生じ、

消炎鎮痛剤やビタミンBの内服薬が処方されます。

炎症を起こしているので、手の安静も大事です。

手の装具をつけることによって、

炎症を起こしている部位を固定し、

炎症を抑える方法もあります。

痛みやしびれが強い場合は、ステロイド注射を行います。

炎症が強く長く続き、

筋肉の委縮や指の運動制限が著明になると、

手術療法をすすめられます。

 

 

手の腱鞘炎は女性に多く、

女性専門の当鍼灸院にも、手の痛みに悩んでいる方が来られます。

手を酷使する原因は仕事や家事、育児であることが多く、

それらを回避することはなかなかできません。

痛みを我慢しながら手作業を続けると、

手の使い方が不自然になり、

腕や肩、首、背中の筋肉までこわばってきます。

また、反対の手を使うことも多くなり、

反対の手や腕の筋肉疲労もみられます。

 

 

鍼灸治療では痛む部位だけでなく、

腕、肩、首、背中、そして反対の手や腕にも鍼やお灸をしています。

また、手の痛みやしびれ、動かしづらさが続くと、

ストレスもたまります。

心もリラックスできるような鍼灸や声掛けを心がけています。

 

 

私は鍼灸師になる前、

運動療法を行う理学療法士を20年間してきました。

腱鞘炎の手と、反対の手の使い方を評価しますが、

両手とも、手に負担がかかる使い方、動かし方をしている方が多いです。

そのクセを治し、

硬くなりがちな手の筋肉のストレッチをまめにすることは、

腱鞘炎を治し、ぶり返さないために大切だと思います。

 

 

仕事や家事、育児など手の負担のかかる作業をしているときに、

テーピングやサポーター、装具をすることもおすすめです。

 

 

taping_001

*手首のテーピング*

 

これは、手首周辺の痛みに対してのテーピングです。

固定力が弱く、強い痛みには合いませんが、

手作業の妨げにはなりません。

 

 

 

腱鞘炎の治療で、当院に来られていたNさんにサポーターと装具を借りてきました。

 

 

hand_brace_001_01

*手の装具① 手の甲側*

 

 

*手の装具① 手のひら側*

*手の装具① 手のひら側*

 

 

*手の装具② 手の甲側*

*手の装具② 手の甲側*

 

 

*手の装具② 手のひら側*

*手の装具② 手のひら側*

 

支柱つきのがしっとした装具は固定力が強く、

痛みが強いときや、夜間の就寝用におすすめです。

 

 

 

*手のサポーター① 手の甲側*

*手のサポーター① 手の甲側*

 

 

*手のサポーター① 手のひら側*

*手のサポーター① 手のひら側*

 

 

*手のサポーター② 手の甲側*

*手のサポーター② 手の甲側*

 

 

*手のサポーター② 手のひら側*

*手のサポーター② 手のひら側*

 

支柱がなく、柔らかい素材でできたサポーターは

手作業をするときにおすすめです。

どれもネットで購入できます。

靴と同じで、しばらく使ってみないと使い心地はわかりません。

Nさんは自分に合わないものもあり、

たくさんの種類のサポーターなどを購入していました。

 

 

写真のサポーターや装具は、

前回のブログで書いたドゥケルバン病(親指の腱鞘炎)や

手根管症候群用のものです。

弾発指(バネ指)は指の腱鞘炎なので、

指を固定する装具があります。

 

 

先ほど述べた手のクセを治す運動療法や

手の筋肉のストレッチの指導、装具療法の専門家は

作業療法士です。

気になる方は手の専門の整形外科へ…。

 

 

腱鞘部分が腫れたり、

痛みやしびれが強かったり、

指が動かせなかったり…。

症状が悪化してから鍼灸に来られる方もいます。

そんな症状の方には手の専門の整形外科の受診をすすめています。

手術をすすめられそうで怖いでしょうが、

腱や腱鞘の状態を把握することは、とっても大切です。

 

 

手を使いながら治療をするので、腱鞘炎の治療は長引くことがあります。

気落ちしがちですが、あきらめずに根気強く治療に臨んでほしいと思います!!!

 

 

おおっ、今日も長いブログとなりました。

お伝えしたいことがたくさんあり、まとめるのが大変でした…。

うまく伝わったかな…。

 

 

次回は特集ブログ『腱鞘炎』の最終回!

書くタイミングをのがしたことをお伝えします。

よろしくです!

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!