福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

心と体に香るエッセンス…

生理痛・生理不順など生理のトラブルの鍼灸治療

2019年8月05日

「生理痛はあるけど、1、2日目に薬を飲めば大丈夫」って、

生理痛を問題視しない方が多い。

普通の生理痛は、軽い下腹部痛や腰痛がある程度。

薬はいらない。

生理は『妊娠』と『出産』に必要不可欠なこと。

生理の不調を軽視しちゃいけない!と思うなぁ…。

 

 

月経前症候群(PMS)。

イライラ感、怒りっぽい、抑うつ、胸の張りや痛み、頭痛、、むくみ…。

生理開始とともに諸症状がピタッとなくなったり、軽減する。

 

 

月経困難症。

下腹部痛、腰痛、腹部の張り感、頭痛などが強い。

生理直前や生理開始とともに現れる。

 

 

それ以外にも生理の周期や期間が乱れたり、

月経量が増えたり減ったり…、と

生理のトラブルは様々。

 

 

それらを鍼やお灸で治すときに注目するのが、

『血 けつ』(=栄養分)と、『気』(=エネルギー)。

この2つが体全体に充分行き届き、

血をきちんと調整できるように、

ツボを介して体や心に働きかける。

 

 

赤いラインは『足太陰脾経 あし・たいん・ひけい』という経絡。

経絡は血と気の通り道。

この経絡は血の巡りに深くかかわる。

生理のトラブルが生じると、この経絡を通る血と気が滞りやすい。

 

 

 

 

猿シールが膝。

赤矢印の先にあるのが、『三陰交 さんいんこう』というツボ。

内くるぶしの少し上に位置する。

足太陰脾経の上にのってる。

このツボに鍼やお灸をして、

足太陰脾経の血と気の滞りをよくするんだなぁ…。

 

長さ5mm、太さ0、14mmの細くて小さな鍼を『三陰交』に刺す。

皮膚の1㎜下に水平に刺すから違和感はまーったくない。

 

次に、医療用のテープで鍼の先端を固定する。

通称『枕』。

先端はリング状になってるから、鍼全体が皮膚に入ることはない。

 

最後に、医療用のテープを鍼全体に貼る。

通称『布団』。

これは『皮内鍼 ひないしん』という手法。

生理痛や生理不順には、生理予定日の1週間前から

生理が終わるまで貼り続け、その間、血の巡りを促す。

 

 

『足闕陰肝経 あし・けついん・かんけい』という経絡。

この経絡は『血の貯蔵』や『血量の調整』にかかわる。

 

 

 

 

足の甲にあるツボ『太衝 たいしょう』。

足闕陰肝経の上にのってる。

生理のトラブルのときによーく使う。

 

 

強いストレスにさらされたり、

部活や仕事、家事、育児などでハードスケジュールが続くと、

生理が遅れたり、止まることがある。

体も心も弱ってるときには、

気(=エネルギー)を補充することが大切。

 

 

『足少陰腎経 あし・しょういん・じんけい』は、

血だけでなく、気にも深くかかわる経絡。

 

 

 

 

内くるぶし(ワニ・シール)の下にあるツボ『照海 しょうかい』。

足少陰腎経の上にのってる。

ここに鍼やお灸をしてエネルギーを補充する。

 

 

今回紹介したツボはセルフお灸もおすすめ。

 

 

 

 

台座灸は先端に火をつけ、ツボに置くだけ。

底にシールがついてるから、どのツボにも置きやすい。

 

 

当鍼灸院(福岡市南区にある、レディース鍼灸ことう)では、

明日8月6日(火曜日)と8月18日(日曜日)に、

『生理痛・生理不順』をテーマにお灸教室を開催!

台座灸を使うよ~ん。

こつこつお灸を続けると、血の巡りがよくなり、

生理のトラブルも緩和する。

お灸初心者も大歓迎!

関心のある方はぜひご参加ください。

詳しくは『鍼灸師コトーのお灸教室』をご覧ください。

 

 

福岡は朝から猛烈な暑さになってきました。

皆さんの住む街はいかがですか。

体調を崩されないよう、充分注意してください。

 

2019初夏!~無計画のわくわくホリデー!~後編

2019年7月19日

2連休の初日。

水族館『マリンワールド』へ行ってきた。

まず、イルカとアシカのショーを見て、

次は『おやすみペンギン』というショーへ。

 

 

 

 

同じ種類のペンギンでも、白黒の毛並がびみょーに違う。

 

 

 

 

おっ?!

カメラ目線?

 

 

 

 

ペンギンって人間を警戒しないのかな。

手が届くほどの近くを歩いてる。

 

 

 

 

飼育員が寝床のドアを開ける準備をすると、

次々とペンギンが集まる。

 

 

 

 

目の前のペンギンは寝床よりも観客が気になるみたい。

ドアが開いても、寝床へ行く気配がまったくしない。

 

 

 

 

とうとう飼育員に抱きかかえられ、

寝床へ連れて行かれた。

おっ!

次は『音と光のイワシショー』。

 

 

 

 

大きな水槽の中にたくさんの種類の魚。

光りを目がけてイワシの大群がうねる。

 

 

 

 

うねる!!!!!

 

 

 

 

いつの間にか、日が沈みかけてる。

 

 

 

 

(ピンボケですみません…。)

夜のイルカショーは昼間のショーとは内容が違うんだな。

調教師の手と足に、口元を軽く触れながらイルカが泳ぐ。

イルカに押されて調教師はゆっくりと回転してる。

調教師の手足に触れ続けるって難しいよね。

離れかけては触れて、離れかけては触れて…。

 

 

 

 

お見事!

イルカはボールにタッチできたよ!

 

 

 

 

お見事!

どうしたら、同じタイミングでジャンプできるんだろう。

調教師が笛を吹くのかな…。

 

 

ショーばかり見ていたら、あっという間に帰る時間。

次の日は面白い映画が見たい!と思い、

 

 

 

 

『トイ・ストーリー4』を見たよ。

幼少の頃、『寝静まった夜中におもちゃは動き出す』と信じてた。

自分の布団のまわりに、すべてのおもちゃを並べ、

「あたしが寝たら、みんな遊んでね」と声を掛けたなぁ…。

 

2019初夏!~無計画のわくわくホリデー!~前編

2019年7月18日

たいてい、休日は用事が立て込み、

それらをこなして1日が終わる。

しかーし、この連休は用事が1つもなーい。

やったぁー!!!

遊ぶぞーっ!!!

どこ、行くぅ???

あっ、そうだ!!!

先日、開催場所を間違えて行けなかった、『長靴下のピッピ展』に行こう。

ネットで調べて……。

『福岡市博物館』で開催中。

よしっ!

行くぞーっ!!!

それにしても、

何で福岡アジア美術館で開催してるって思い込んだのかなぁ…。

場所が全く違うー、うー、うー。

まっ、いいか。

 

 

最寄りの駅に着くと、ちょうど電車が行ったばかり。

 

 

 

 

切符売り場に置かれた情報誌をホームでパラパラ…。

車内でパラパラ…。

あっ!

これも開催が始まったんだ。

まだ学校は夏休みに入っていないから、すいてるかもしれない。

行き先変更!!!

 

 

下車して、インフォメーション・センターへ。

「バスで行きたいんですが、次は何時出発か分かりますか?」

ーーー「たった今、都市高速経由のバスが出発しました。」

ーーー「その次は都市高速経由ではありませんが、8分後に出発します。」

ーーー「その後は1時間後になりますね」

「ありがとうございます!」

 

 

バス停までダッシュ、ダーッシュ!

おーっ、3分前。

この方面へのバスには乗ったことがない。

乗り間違えないよう、チェック、チェーック!

おっ、バスが来た。

 

 

中はガラガラ………。

…………………………。

…………………………。

それにしても、1時間は長いなぁ…。

福岡の端っこに行くからなぁ…。

 

 

 

 

やっと着いたーーー!!!

水族館『マリンワールド』。

初めて来たよ~ん。

 

 

 

 

夜の水族館。

夏の間、21時30分まで開館してる。

おっ、今日のショーのスケジュールだって。

もうすぐ、イルカとアシカのショーが始まる。

 

 

 

 

ショー・プールの向こうは海なんだ。

調教師が笛を吹くと、アシカは手を叩くのかな。

 

 

おーっ、上手!

 

 

 

 

待機中のイルカはずーっと担当調教師の方を向いて立ち泳ぎをしてる。

かしこいなぁ…。

 

 

 

ベテラン調教師が機敏に腕を振り上げて合図すると、

「待ってましたー!」って、

ビューッとプール中央に泳いで行くイルカ。

長い年月をかけて、イルカとの絆が作られるんだろうなぁ。

 

 

ショーの終わり。

あれっ、1頭だけプールの向こう側にいる。

こちらに来るタイミングをはずしたかな?

 

 

 

 

イルカの尾びれで水しぶき!

子どもたちはおおはしゃぎ!!

 

 

 

 

ショーを終え、リラックスタイムのイルカ。

お疲れさま…。

おっ、もうすぐ『おやすみペンギン』というショーが始まる。

話を続けたいところだが、もうこんなに書いちゃった!

この続きは、次回のブログにするよ~ん!

お楽しみに~~~!!!

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!