福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

鍼灸師コトーの院外活動

2019年の取り組み

取り組んできた内容については、下記の各講座をご覧ください。




肘・手首・指の関節痛をやわらげる、お灸&ストレッチング講座

2019年11月19日|太宰府市いきいき情報センター主催のお灸&ストレッチング講座

 

太宰府市いきいき情報センター 主催講座

*****お灸とストレッチング~腕の関節痛編*****

 

 

◆日時   2019年11月19日(火)  10:00~12:00

◆会場   太宰府市いきいき情報センター(太宰府市五条3-1-1)

◆受講料  1,000円

◆材料費  1,500円 (台座灸50個、テキスト代)

◆持参品  大判バスタオル、サインペン

◆講師   鍼灸院≪レディース鍼灸ことう≫ 鍼灸師&理学療法士 古藤佳子

 

 

◆プログラム&講座風景

 

1.お灸にトライ!

手指が細かな作業ができるのは、

たくさんの関節とたくさんの筋肉のおかげです。

過度な手作業などで、筋肉や腱が極度に硬直すると

関節周辺に痛みが生じます。

 

 

今回の講座では、まず、

手指や手首を曲げたり伸ばしたりする筋肉が

どこからどこに付いているのか、

ご自身の腕で確認していただきました。

探し方のコツさえつかめば、

筋肉を見つけるのは難しいことではありません。

 

 

次に、各々の筋肉の痛みやこわばりを

お灸やツボ押しでほぐす部位(ポイント)も

確認していただきました。

筋肉が見つけられれば、『ほぐしポイント』も見つけられます。

 

 

 

 

痛みやこわばりを感じた筋肉の『ほぐしポイント』に

台座灸をしてもらいました。

お灸は血の巡りをよくして、

筋肉の痛みやこわばりを改善します。

 

 

 

 

疲労している筋肉は人それぞれ異なり、

台座灸を置く部位も参加者の皆さんは違っていました。

台座灸は台座の上にモグサがのっています。

台座の底にはシールがつき、

手首や肘まわりなど、どこの『ほぐしポイント』にも

簡単にお灸ができます。

 

 

 

 

2.ストレッチングや運動にトライ!

お灸の後には、ストレッチングと運動で

こわばった筋肉をやわらげました。

 

 

3.症状や手作業にあわせた、サポーターや装具などのご紹介!

炎症を起こしている部位は安静第一!

といっても、家事や育児など日常生活では

手を動かさないわけにはいきません。

固定力の強い装具から、固定力の弱いサポーターまで、

たくさん市販されています。

症状の程度や手作業の内容にあわせて

選ぶのがポイントです。

どんなときにどんな装具やサポーターがいいのか、

ご紹介しました。

 

 

女性は家事や育児、介護など日々の生活で、

手を酷使することもあり、

今回の講座がお役に立てれば…と思います。

 

農業共済新聞のコラム執筆~秋バテを解消するツボ押し!

2019年09月11日|農業共済新聞のコラム執筆

 

 

農業共済新聞の編集部から執筆依頼がありました。

テーマは『秋バテを撃退! 簡単ツボ押し』。

2019年9月2週号にそのコラムが載りました。

 

 

秋バテの原因は夏の不摂生。

とはいえ、農作業では強い日差しや高温下での重労働は避けられません。

ほてった体を冷ますために、冷えた飲食物を多くとるのも避けられません。

そして、夏の終わりから秋口にかけて、疲れがとれにくく、だるくなり、

胃もたれや食欲不振など、秋バテの症状があらわれやすくなります。

 

 

秋バテの諸症状に働きかけるツボはたくさんあります。

しかし、紙面だけで、ツボの位置や取り方や押し方を

伝えられるツボは限られます。

農作業の休憩中、気軽に簡単に押せる上に、

気持ちがいいと実感できるツボを吟味しました。

秋バテの解消にお役に立てれば…と思います。

 

快眠のためのお灸&ツボ押し講座

2019年03月05日|太宰府市いきいき情報センター主催のお灸&ツボ押し講座

太宰府市いきいき情報センター 主催講座

 

*****お灸とツボ押し~快眠編*****

 

 

◆日時   2019年3月5日(火)  10:00~12:00

◆会場   太宰府市いきいき情報センター(太宰府市五条3-1-1)

◆受講料  1,000円

◆材料費  1,500円 (台座灸50個、テキスト代)

◆持参品  大判バスタオル、サインペン

◆講師   鍼灸院≪レディース鍼灸ことう≫ 鍼灸師&理学療法士 古藤佳子

 

 

◆プログラム&講座風景

 

1.快眠の話

 

『快眠』の意義は、体と脳を休息・回復させ、

明日へのエネルギーを得ること。

長期に渡る睡眠不足は、体の疲れがとれないだけでなく、

脳の疲れがとれずに、脳の働きを低下させます。

意欲・注意力・思考力・記憶力などが低下し、

自律神経のバランスが乱れ、免疫力も低下します。

ぐっすり、すっきり眠ることが生きざまにも直結します。

 

快眠になるためのコツは、脳と体をリラックスさせて

入眠すること。

そのための日中や夜間の過ごし方や睡眠環境のポイントを

手作りテキストを見ながら、説明いたしました。

 

 

 

2.快眠に働きかけるツボへのお灸&ツボ押し!

 

 

 

脳をリラックスさせるためには、頭や首のツボをよく使います。

頭や首には自分でお灸がしにくいので、

ツボ押しを体験していただきました。

参加者の皆さんは押す方向や力加減のコツをつかみ、

気持ちよさそうにツボ押しに取り組んでいました。

 

 

 

 

手や脚にも脳や体をリラックスさせるツボがあります。

手と脚のツボの取り方を覚えていただき、

台座灸

台座灸というお灸をしました。

台座灸は台紙の上にモグサがのり、

台紙の底にはシールがつき、

ツボに簡単に貼りつけられます。

参加者のお皆さんは、ツボの取り方が上手で、

熱心にお灸に取り組んでいました。

 

 

 

 

 

 

3.快眠のためのストレッチング&呼吸法!

 

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は日中活動しやすくする神経。

副交感神経は夜間リラックスしやすくする神経。

快眠のためには日中活発になっていた交感神経の働きをゆるめ、

副交感神経を活発にすることがポイントになります。

しかし、交感神経も副交感神経も自分の意志ではコントロールできません。

唯一働きかけられるのが、呼吸。

日中活動しやすいように、交感神経は呼吸を少し速めます。

逆に、副交感神経は呼吸を少し遅くして、体と脳の活動を抑えます。

呼吸を深くゆっくりすることにより、

副交感神経を活発にさせます。

 

参加者の皆さんにあお向けになっていただき、

簡単なストレッチングと呼吸法を体験していただきました。

5分も経たないうちに、皆さんがトロ~ンとした目になったのが

印象的でした。

今回の講座が皆さんの快眠のお役に立てれば…と思います。

 

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!