福岡市南区にある女性専門の鍼灸院「レディース鍼灸ことう」のホームページです。主に婦人科疾患・五十肩・肩こり・腰痛などに強みを持っています。

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目23-13
グリーンウインズ101号

お問い合わせ

鍼灸師コトーの院外活動

介護者が大切な人にする、ツボ押し講座

2018年10月30日|福岡市介護実習普及センター主催のツボ押し講座

 

福岡市介護実習普及センター 主催講座

 

*****体験!ツボ押し(2)大切な人へのツボ押し*****

               ~介護が必要な方への『手・当て』~ 

 

 

日時   平成30年10月30日(火)  14:00~16:00

会場   福岡市介護実習普及センター(福岡市市民福祉プラザ3階) 交流ひろば

       福岡市中央区荒戸3-3-39

       福岡市営地下鉄 唐人町駅 徒歩7分

 

受講料  無料

持参品  ボールペン、手ぬぐいあるいは大判ハンカチ

講師   鍼灸院≪レディース鍼灸ことう≫ 鍼灸師 古藤佳子

 

 

 

プログラム&講座風景

 

1.東洋医学と経絡とツボの話

 

 

<講義中>

 

今回は手作り小冊子だけでなく、

ツボの画像をプロジェクターで壁に大きく映し出し、

説明いたしました。

 

 

 

2.大切な人への『手・当て』にチェレンジ!

 

 

<『手・当て』の基礎をレクチャー>

 

介護を必要としている方は、体力や気力、

皮膚の弾力性、感覚などの低下が考えられ、

ツボ押しは刺激が強すぎます。

今回は、手を触れるだけの圧で、手のひら全体で行う

『手・当て』をご紹介しました。

 

慣れないうちは指先に力が入りがちです。

参加者全員(40名)の体に触れて、

コツを習得していただきました。

 

 

 

<首→肩→腕→背中への『手・当て』>

 

 

<足先→足首→ふくらはぎへの『手・当て』>

 

 

<おなかへの『手・当て』>

 

参加者は2人1組になり、

手・当ての方法を説明した動画を見ながら、

練習していただきました。

首→肩→腕→背中への『手・当て』。

足先→足→ふくらはぎへの『手・当て』。

おなかへの『手・当て』。

内容は盛り沢山!

 

手・当ては、体を温め、血流を改善し、

肉体的・精神的緊張をほぐし、

リラックスや深い呼吸が得られます。

 

実技後半に入ると、参加者の皆さんは力の抜け具合がつかめ、

手・当てを受けている参加者の方々から

気持ちがいい…と、感想が聞こえてきました。

 

手を触れると、手のひらを介して気持ちは以心伝心します。

手・当てをする側、つまり介護をしている側にも負担がない手・当てで、

双方とも体と心を穏やかに過ごしていただきたら…と思います。

 

 

秋バテを改善・予防するお灸&ツボ押し講座

2018年10月02日|太宰府市いきいき情報センター主催のお灸&ツボ押し講座

 

太宰府市いきいき情報センター 主催講座

 

*****お灸とツボ押し~秋バテ編*****

 

 

◆日時   平成30年10月2日(火)  10:00~12:00

◆会場   太宰府市いきいき情報センター(太宰府市五条3-1-1)

◆参加者  女性限定  

◆受講料  1,000円

◆材料費  1,500円 (台座灸50個、テキスト代)

◆持参品  大判バスタオル、サインペン

◆講師   鍼灸院≪レディース鍼灸ことう≫ 鍼灸師&理学療法士 古藤佳子

 

 

◆プログラム&講座風景

 

1.経絡&ツボ&お灸の話

 

 

<講義中>

 

秋バテを東洋医学では

どのように考え治療するのか、

わかりやすく説明いたしました。

 

 

2.お灸とツボ押しにチャレンジ!

 

 

<ツボ押し>

 

 

<ツボ取り>

 

 

東洋医学の古い書物には、

『不摂生な日々を送ると

その次の季節に症状があらわれる』と

書かれています。

つまり、秋バテの原因は夏の不摂生。

 

あまりの暑さに冷たい飲食物をとりすぎて、

胃を冷やし、胃もたれや食欲不振などが

秋口にでてきます。

冷房による全身の冷えが冬の冷えを悪化させます。

熱帯夜による睡眠不足や、

外気温と室温の温度差などによる体温調節の乱れが、

自律神経のバランスの乱れにつながり、

だるさや疲れやすさの引き金になります。

 

今年は極暑でした。

それらの症状に働きかけるツボへのお灸と

ツボ押しを体験していただきました。

ツボの取り方のコツさえつかめば、

ツボ押しもお灸も簡単です。

ぜひ自宅でも継続し、

元気に秋、そして冬を過ごしていただきたいと思います。

 

介護疲れを解消するツボ押し講座

2018年05月01日|福岡市介護実習普及センター主催のツボ押し講座

福岡市介護実習普及センター 主催講座

 

*****体験!ツボ押し(1)介護疲れを解消するツボ押し*****

 

 

日時   平成30年5月1日(火)  14:00~16:00

会場   福岡市介護実習普及センター(福岡市市民福祉プラザ3階) 交流ひろば

       福岡市中央区荒戸3-3-39

       福岡市営地下鉄 唐人町駅 徒歩7分

受講料  無料

持参品  ボールペン(ツボに印をつけるため)

講師   鍼灸院≪レディース鍼灸ことう≫ 鍼灸師 古藤佳子

 

 

 

プログラム

 

 

 

1.東洋医学と経絡とツボの話

なぜ、ツボ押しが症状や未病(病気の一歩手前)や

健康維持に働きかけられるのか。

手作りテキストを基に説明いたしました。

 

2.ツボ押しにチャレンジ!

介護では体力だけでなく、気力も消耗しがちです。

「体の疲れをとるツボへのツボ押し」と

「心の疲れをとるツボへのツボ押し」を

体験していただきました。

介護する側も齢とともに、体力や気力が衰えがちです。

「エネルギーを補給するツボへのツボ押し」と

「老化に働きかけるツボへのツボ押し」も行いました。

 

定員が40名と多い上に、ツボの数も多かったのですが、

受講生の皆さんや、スタッフ、サポーターの方々のおかげで、

スムースに講座が進み、一人ひとりに対して、

ツボ取りのチェックもできました。

たくさんの質問もいただき、内容の濃い講座になったと思います。

 

自分自身も、闘病生活を送っていた母を4年間サポートしました。

今回の講座で紹介したツボ押しで、受講生の皆さんの体と心の疲れが

少しでもほぐれたら…と思います。

 

10月30日(火)には第2弾「体験!ツボ押し(2)大切な人へのツボ押し」が

予定されています。

介護を受けている方へのツボ押しを体験する講座です。

受講生がペアになって、ツボを押しあい、

「人へのツボ押し」のコツをつかんでいただこうと思います。

講座の受付開始は、9月1日(土)です。

要予約制です。

興味のある方はぜひご参加ください。

 

 

◆お問い合わせ・お申込み

主催:福岡市介護実習普及センター

    福岡市中央区荒戸3-3-39

    休館日:毎月第3火曜日

    開館時間:午前10時~午後6時

TEL  092-731-8100

FAX  092-731-5361

    FAXでお申し込みの際は、受講者の氏名、電話番号、FAX番号、

    希望の講座名、受講希望日を記載の上、お申し込みください。

 

ご予約・お問い合わせはコチラ!